どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

錦衣衛-JW021の続きです。

御模道【ATKガール 09《錦衣衛》JW021】

今日も素体の紹介になるんですが、すでに武器は組んであるので、それを持たせて可動なんかを見て行きたいと思います。

まずは3パターンある表情のアップから。

イザークみたいなヘアースタイルはまぁ置いといて、最初の頃と比べて表情はかなり良くなってますね。

手持ちの武器はこんな感じになってます。

鞘から抜くとこんな感じ。

では、まずジト目で武器を持たせたところから。

〈ターンテーブル〉

目つき悪っ💦

だがそれがイイ♪

この素体は肩の引き出し機構がないので、腕を真っ直ぐ下に降ろす事は出来ません。

次は二刀流で構えさせてます。

〈ターンテーブル〉

カッコいいけど、やっぱ脚のバランスが氣になります。

次は片ヒザです。

〈ターンテーブル〉

フトモモはそれほど上がらないけど、まぁ普及点といったところでしょう。

て言うか、素体の構造はヘラクロス(ノヴァ)とタイタン(エヴァ)以外のATKガールとほぼ同じです。

肩甲骨の可動もありません。

今日紹介した武器は、全部で30分ほどで組めました。

今晩武装形態を組んでしまう予定なので、撮影でき次第すぐに紹介したいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

最近いろんな情報や事象を整理していてちょっと思う事があるんですよ。

と言うのも、何年も前から調べていた事がここへ来てしっくりと繋がるのと同時に、それに反して矛盾する点が見えて来たんですよね。

このブログを昔から定期的に見てくれてる人は知ってくれてると思いますが、自分は今までこの世界が狂っているのはDS(ディープステート)と呼ばれる支配者階級のヤツらや、カネの事しか頭に無いようなヤツらのせいだと考えていました。

まぁそれは今でもそう思ってるんですけど、それはあくまでも世界の平和や人権の尊重なんかを望む者から見た場合、もっと限定的にいうと、自分を中心として物事を見た場合であって、これを地球規模で見た場合、ちょっと見え方が変わって来るんですよね。

どういう事かと言うと、今起きてる信じ難い状況を地球規模の大災害だと考えた場合、正義だ悪だというような概念は一切関係ないって事です。

この「信じ難い状況」というのは決してコロナとかいうショボい風邪の事を言ってるんじゃなくて、その在りもしない脅威をでっち上げた連中と、それを信じて振り回されてるニンゲンというこの構図の事です。

で、この2年を振り返って自分なりにいろいろ考えてみると、今起きている状況を見る限り、善悪や光闇という単純な話じゃないように思えて来たんですよ。

“支配者層と一般人”や、”善悪”という概念を度外視し、ヒトを地球上にいる1種の生物と考えた場合、地球規模の大災害があった後に進化し存続し続ける個体というのは、より高い知能と生存本能、そして強い運と強いDNAを持った個体なんですよね。

これは誰が正しいとか間違ってるとか、そういうレベルの話じゃなくて、自然の摂理ってのはそういう事だって話です。

ニンゲンがどうとかじゃなく、基本的にこの世界ってのは残酷なものですから。

極端な考え方をすると、先日書いたジャック・アタリの言ってる事も見る側からすれば立派な正義なんですよね。

「秩序を保つ為に愚かな者は淘汰される」

これだけ聞くと正しい事のように思えませんか?

要するに「愚かな者」の定義ってのは1つじゃないって事です。

例えば例の薬物ですが、この得体の知れない薬物を推進したり、推進している奴らを擁護したり、それを誰かに打てと強要したり、打ってない人を非難するような発言をしている奴らというのは、俺から見れば極めて「愚かな者」です。
もっと言えば、それを作ったヤツらより「愚かな者」です。

そういう意味で考えた場合、今の状況を見る限り、自分も多少はあっち側の考えが理解できるって事に氣付きました。

とは言ってもやり方はどうかと思いますよ。

淘汰される者の中には「愚かな者」以外に老人や弱者とありますが、いつまでも権力にしがみ付いてる惨めったらしい日本人モドキの老害や、若者に迷惑をかけるだけの老害はさっさと逝ってもらうとして、それ以外の弱者は助けるべきだと思ってます。

今日はクリスマスという事で、ちょっと聖書の話を。

聖書ってのは預言書じゃなくて、必ず起きる予定書って事を前に書いたと思うんですが、それによると最終的に寄生虫どもは一掃されるって事になってるんですよね。

そう考えると、今何が起きているのか理解不能でしょ?

もしかすると、本当にニンゲン以外の何かがこれを起こしているのかも知れませんね。

そしてそれは禍々しいモノなのかも知れません。

何故なら、神(ヤハウェ)やキリストを慈愛に溢れた美しい存在だと解釈すれば矛盾が生じる事柄も、コイツらを全く逆のモノと解釈すると辻褄が合ってしまうんですよ。

支配、権威、忠実、奴隷、ひれ伏す、苦難、災い、虐殺、審判、罪、罰・・・聖書ってのを読めば読むほど、神(ヤハウェ)というモノが禍々しいモノに思えて仕方ないんです。

って言うか、それは前から直感的にそう思っていたんですが、聖書を読めば読むほどそれが確信になるんです。

ヨハネの黙示録を1章から全部読んでみて下さい。
それだけでコイツの悪魔的な狂気が解ると思います。

ヨハネの黙示録(口語訳)

全知全能だとか言いながら、言ってる事ややってる事がどうにもニンゲン臭いと言うか、物質的でショボいと言うか、とにかく器が小さいんですよね。

もし神と呼ばれる者が本当に全知全能で愛に満ち溢れた慈悲深い存在なら、例え悪人であろうが一瞬で消し去れるでしょ?

わざわざ罪や罰などと言って苦しませるだけ苦しませてなぶり殺しにすると思います?

自分に従わない者を権力を使って、見せしめにただいたぶってるだけ。残忍極まり無いと思いませんか?

残忍な種であるニンゲンが行う極刑(死刑)でも、なるべく苦しまないような方法で執行されるというのに。

って言うか、そもそも「最後の審判」だとかいかにも中二臭い事を言ってるけど、自分が創造したものならそこまで酷くなる前に介入して理想の世界を創れや。それが責任ってもんとちゃうんかい。

ろくに部屋の掃除もしないで、汚れ切ったら人を使って大掃除?いらないものは全部処分?ニートでも自分の部屋くらい自分で片付けるわ。

こういう身勝手なクソは本氣でムカつきますね。もし死ぬ時に会えるとしたら思いっきりシバキ倒して7日間みっちり説教してやろうと思います。

少なくとも聖書に書かれてる”神”ってヤツのイメージは“権力を失う事を恐れてビビり倒してる肝っ玉の小さい支配者”そのものです。

ひょっとして聖書に書かれているこの”神(ヤハウェ)”ってのが支配者層の親玉で人類最大の敵じゃね?

血飲とか生贄とか悪魔崇拝そのものじゃね?

悪魔ってコイツの事なんじゃね?

あぁ、そういう事か…やっぱ逆だわこれ。

日本人がキーになるってのはそういう事か。

それに氣付くと、実在する人物の役割も少し見えて来ます。

これ、自分みたいに信仰心の無い者(聖書を読まない者)が氣付かないのはまぁ分かるとして、コイツを崇拝している一般人たちはおかしいと思わないんでしょうか?

この教え通りもし次の世界があったとして、こんな身勝手で残忍なヤツのお眼鏡に叶ってそこに行けたとしても、結局はまたコイツの顔色をうかがって従う事になるんでしょ?

そんな世界に行くくらいなら、今生きてる世界を思いっきり楽しんで、寿命が来たら潔く消えたほうがよっぽど幸せだと思いますね。

巷では「次元上昇」とかいう訳の分からないファンタジー理論が展開されてるみたいですが、そんなモノある訳ないですからね(笑)

ファンタジー世界に現実逃避してればそりゃ楽ですけど、神だの宇宙人だのが助けてくれるといったような他人任せのご都合主義でいる限り世の中なんて変わりません。

そんな都合良く助けてくれるヤツなんかいませんよ。みんなで声を上げて対抗する以外無いんです。

ただ、意識レベルの上昇ってのはありますよ。いろいろこの世界の仕組みに氣付いてる人は、そうじゃないニンゲン、あるいは見て見ぬフリをしてるようなニンゲンと話が合わないと感じるようになったでしょ?あれはこちらの意識レベルの高さと相手の意識レベルの低さに大きな差が生じたからそう感じるんです。まるで別次元の住人かってくらい思考レベルが違うでしょ?そういう意味での「次元上昇」なら解ります。

自分は9.11の時からそれを感じて生きてるんですが、なかなか辛いものがありますよ。

今はそういう人が間違いなく増えていると感じます。それでもまだまだほんの一部ですが、仲間が増えた事は素直に嬉しいと感じますね。

ちょっと話が逸れますが、今日から一人称を「僕」と書くのをやめて、「オラ」にします。
冗談です。普段使ってる「俺」か「自分」と書くようにします。
日本人やし、「某」か「拙者」でもいいかな(笑)

突然どうしたって思われるでしょうから一応説明しておきます。

『僕』・・・聖書にもよく出てくる言葉なんですが、これって「しもべ」と読むんです。
「下僕」や「公僕」なんかの「僕」です。
もちろんそんな事は知っていたけど、聖書を読んでてふと氣付いたんですよ。

これが自ら「奴隷」という事を認める一人称だという事を。

そして女が使う一人称で某が好きなのは「童(わらわ)」だという事を(´ω`)

あ、そう言えばトランプもQアノンも危険ですよ。

光だ闇だのと盛り上がっていましたが、今考えると、あれも寄生虫どもの計画の一端ですね。

光(善)と闇(悪)の戦いが起こっていて、今光側が優勢だとかなんとかテキトーな事を拡散しておけば、一般的な光(善)側の人たちの心理状態ってどうなると思います?

安心しますよね。
と同時に、ほとんどの一般人は「彼らに任せておけばきっと大丈夫」と思います。

そうなるとどういう事が起こるのか?

自分たちは想いを馳せるだけで、具体的に何か行動を起こそうと思わなくなります。

勝っているともなれば尚更ですね。

トランプは元々カリスマ性を持った人物でしたが、前回の大統領選で支持者の間では神にも近い存在になりました。
それは今も変わらず、集会をやればすぐに数万人が集まるほどです。

不正選挙を通して、メディアやビッグテックという分かりやすい悪に、わずか数人で立ち向かうヒーローというあの派手な演出のおかげでね。

で、おそらくヤツは2024年に返り咲きます。
その時がこの計画の総仕上げになると思いますよ。
今まで闇側の言う事を聞かなかったトランプ側の民衆も、神の言う事なら聞きますよね?

侵略戦争で言えばいわゆる残党狩りってのをやる為の只の駒ですよ。トランプは。

これに関しては、他人から奪う事しか能がない寄生虫の分際でなかなか良く練られたシナリオだと思います。

しかし、まだまだ甘いな。

お前らは1つだけミスを犯した。

何か分かるか?

それは俺様がいる時代に行動に出たという事だぁーーー!キリィーッ(((( ̄Д ̄))))

みっちゃんカッコウィィィー(((o(≧∀≦)o)))

人生で1度は言っておきたかった台詞です(笑)

ドヤ顔でこんな話をしておいてアレですが・・・

そのシナリオに俺も一度思いっきり騙されてます(//∇//)

だけどそれを恥だとは思わんぞ俺は!

人は失敗して反省し、そして学び成長する者なのデェス!キリィーッ(((( ̄Д ̄))))

あ、最後に言っておきますが、このブログに書いてる事は全て俺の妄想なんで信じちゃダメですよ。
いろいろここに書いた通りになってるのは只の偶然。たまたまですからね。