どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はアメリアの最終回になります。

【ファンタジーガール 第三弾《 アメリア・ハルトマン 》HURRICANE ASSAULT REVENGER:PROTOTYPE YAEGER】

前回フル装備という事で紹介させてもらったんですが、この娘のフル装備形態はもう1つパターンがあるので、まずはソチラの紹介から行きます。

上の画像なんですが、これまでの記事を見てもらえれば、腕の装備がマシンガンからミサイルポッドに変わってるのが分かると思います。

この状態で羽を装備すると、前回とは別パターンのフル装備状態となるワケです。

〈ターンテーブル〉

上空から地上の敵にミサイルをブッ放してるイメージです(^^)

獲物を狙う猛禽類みたいでカッコいいですよね✨

ハーピーはファンタジー世界の生物ですけど。

次に紹介するのは、ファンネル(ビット)を射出した状態の画像になります。

〈ターンテーブル〉

尾羽がファンネルになってるんですよ。

それにエフェクトパーツと接続パーツを取り付けて、専用スタンドに繋ぐとこんな感じになります。

これもかなり見栄えのいい武装ですね✨

前回書いた胴体の保持力なんですが、これくらいの姿勢なら後ろに倒れてしまうような事はありません。

羽の重さに耐え切れない事は確かなんですが、思ったほど酷い不具合では無いですね。

これでひとまず紹介したいところは一通り書いたと思うので、あとは余剰パーツなんかを貼って終わりにしたいと思います。

ほとんどが選択式パーツや予備パーツなんですが、とりあえず現時点でランナーに付いてるパーツは全部撮影しておきました。

あと、下の画像は印刷ナシのフェイスパーツです。

5つもありますよ♪( ´▽`)

この辺はマジでいい加減日本のメーカーも見習って欲しい。

組むのにかかった時間ですが、素体が約1時間40分、武装ボディが約2時間40分、銃と台座が約15分、羽が約2時間10分なので、全部組むのに7時間近くかかってる事になりますね💦

こんなに時間がかかったのは久しぶりですよ。

武装ボディの時に理由は書いたけど、やっぱほぼフルアンダーゲートのキットはどうしても時間がかかりますね。

自分の場合はプラモを組みまくってるので、たぶん感覚が麻痺してると思うけど、一般的に言うとこのキットはかなり難易度が高い部類になると思います。

一応もう一度書いておきますが、パーツ精度はかなり良い部類に入ります。

以上、ファンタジーガール「アメリア・ハルトマン」の紹介日記でした。

【ファンタジーガール 第三弾《 アメリア・ハルトマン 》HURRICANE ASSAULT REVENGER:PROTOTYPE YAEGER】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥7700
購入価格¥7315

胴体の件は少し不満に感じるけど、それでも満足度はかなり高いキットです。

今回自分が組んだのは、公式のカラーリングと少し違うパターンになりますが、個人的にはこのパターンが氣に入ってます。

公式通りのカラーリングはいろんなところで見かけると思うので、少しでも参考になれば幸いです。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、俺の感性と近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ