どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ディープシーリッパーの本体が組めました。

【NUMBER 57《マンハンター ディープシー・リッパー》鮫鯊】

最初に書いてしまいますが、非常に組みやすかったです♪

今回はとりあえず普通に立たせた姿を紹介しておきたいと思います。

それでは早速どぞ(^^)ノ

〈ターンテーブル〉

顔だけリアル造形ってのがなんか面白いですね。

有機物と無機物とのハイブリッド感がイイ感じ。

各部寄りで何枚か。

アップで見るとよく分かるんですが、ゲートが細いのでゲート跡がほとんど目立ちません。

アンダーゲートは少しある程度です。
説明書にアンダーゲートの注意書きがないので少し注意する必要がありますね。

ここまで組んで氣になったマイナスポイントはそれくらいです。

逆に良いと思ったポイントなんですが、負荷がかかる可動箇所のピンを十字にする事で、強度を大幅に上げてありました。

この工夫は素晴らしいと思います。

現段階で組んだのはまだ本体だけなんですが、ここまでにかかった時間は約1時間20分ほどですね。

柚衣と並べるとこんな感じです。

次回は可動やギミックなんかを紹介して行きたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

【NUMBER 57《マンハンター ディープシー・リッパー》鮫鯊】(初回特典付き)仮組み ① 開封