どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はチトセリウムのアルベラちゃんとエフェルちゃんの仮組み最終日記になります。

【チトセリウム《XCIX-アルベラ & C-エフェル》chitocerium】

あと残ってるのはチトセリウム最大の特徴とも言える収納ギミックの紹介なんですが、この小さいボックスにいったいどうやって全部収納するのか氣になってる人もいると思います。

ここからupして行く連続画像を見てもらえれば、その辺の仕組みがよく分かると思うので、氣になってる人は是非見て行って下さい。

ついでに可動性能も分かるよう意識して撮影してあるので、その辺の参考にもなると思います。

それでは一氣にupして行きます。

見事でしょ♪( ´▽`)

毎回思うんですが、本当に良く考えられてると思いますよ。

次は半収納状態みたいな感じで撮影してみました。

〈ターンテーブル〉

しかしマジで可愛いなぁ( ´ ▽ ` )♡

僕が思うチトセリウム最大の魅力って、上品でお洒落で高級感があるところなんですが、組みやすさ、印刷技術、可動性能、バランス、接地性、耐久性といったような「基本」が全てハイレベルなんですよね。

今までは所々パーツ精度に難ありと感じるような箇所もあったんですが、アルベラとエフェルに関してはその辺もかなり良くなってます。

そういった基本がしっかりしてるからこその収納ギミックだと思うし、組んでいても動かしていてもとにかく楽しいんですよ♪( ´▽`)

組んでる感覚もパチンとかギチギチといった感じではなく、御模道みたいにムニュって吸い付く感じです。

あ、そうそう。忘れてましたが組む時僕はこういう間抜けなミスをしてしまいました(^^;

色を間違えて組んでしまうという・・・

幸いにも裏から外しやすい構造にしてくれていたから良かったものの、細くて小さいパーツなので下手したら破損させてしまうミスですよ💧

皆さんは僕みたいに間違えないように落ち着いて組んで下さいね(´ー`)

仮組みにかかった時間は2時間半ほどで、余剰パーツは全くありません。

たぶんこれで書きたい事は全部書いたと思うので、最後にあと1ショット紹介して締めにしたいと思います。

〈ターンテーブル〉

とにかく2人ともめちゃくちゃ可愛いです。

と言っても、プラモでもフィギュアでも画像で見るのと、実物を目の前にして触りながら見るのとでは全然違うので、少しでも氣になった人は速攻で買って下さい。

軽く100体を超える美少女プラモを組んで来たオヤジが自身を持ってオススメ出来る素晴らしいキットです。

以上、チトセリウムのアルベラちゃんとエフェルちゃんでした。

【チトセリウム《XCIX-アルベラ & C-エフェル》chitocerium】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

不満と言えるような点は全くありません。

全てにおいてハイレベルな素晴らしいキットです✨

個人的にチトセリウムは日本メーカーの美少女プラモデルとしては1番安定感(安心感)があるシリーズだと思います。

これからもあまりハイペースにならないような落ち着いたスパンで新作を出し続けて行って欲しいと思います。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ

【チトセリウム《XCIX-アルベラ & C-エフェル》chitocerium】①

【チトセリウム《XCIX-アルベラ & C-エフェル》chitocerium】②

【チトセリウム《XCIX-アルベラ & C-エフェル》chitocerium】③

【チトセリウム《XCIX-アルベラ & C-エフェル》chitocerium】④