どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はセルケトの仮組み最終日記です。

A.T.K. GIRL 01【機甲少女《SERQET》セルケト】御模道

前回紹介した蠍メカを背中に装備すればセルケトのフル装備形態になるんですが、その前に武装形態のフェイスパーツ(表情)をそれぞれアップで撮影したので、まずはそちらの画像を上げておきます。

表情と言ってもアラクネと同じく、口元だけなのであまり代わり映えしませんが、上から通常、微笑み、叫びとなってます。

このパーツを交換するには下画像のようにバラす必要があるので結構面倒ですね💧

それと先にディスプレイスタンドも紹介しておきます。

ATKガールお馴染みのスタンドですね。

毎回そうなんですが、このスタンドのジョイント部分はメス側がすぐに割れてしまうので、予め少しヤスリ掛けをして負荷を減らしてます。

それではセルケトのフル装備状態をどうぞ(^o^)ノ

〈ターンテーブル〉

背中のサソリが重いので、フル装備での自立は厳しいです。

この蠍メカの装備方法について少し書いておきます。

まずはサソリの頭部から胸部にあたるパーツ↓を外します。

代わりにセルケトの背中に装備させる為のパーツをセットします。

そしてセルケトの背中にも外骨格(アタッチメント)をセットします。

このアタッチメントに空いてる2ヶ所の3ミリ穴に蠍メカを差し込んだら完了です。

セルケトの背中にアタッチメントをセットしてから蠍メカをドッキングさせるやり方はアラクネと同じですね。

このアタッチメントをセットする事で体を捻ることが出来なくなるのもアラクネの時と同じです。

次はちょっとポーズを付けた画像です。

〈ターンテーブル〉

これだけでも充分カッコいいんですが、体を捻る事が出来ないのに加えて結構いろんな所が干渉するので、あまり大きくポージングさせる事は出来ません。

あと、下画像のようにサソリの尻尾を伸ばす事で自立させる事も出来ます。

右手に持たせている刀は寄夜姐さんのもので、このキットには手持ち武器が付属してません。

余剰パーツは以下の通りです。

まだちゃんと確認はしてませんけど、紫のヘアーカラーでも組めそうな感じですね。

また確認したら追記しようと思います。

最後にちょっと気なったところを書いておきます。

まずハサミ腕についてなんですが、腕を曲げる時にヒジ部分がよく外れてしまいます。

これは最終的に接着してしまう箇所なので問題ないんですが、仮組み段階でポージングする時はちょっと気になりますね。

それと、ポロリという程でもないんですけど、フトモモの装甲パーツも少し外れやすいです。これはアラクネもそうでした。

あと、蠍メカの尻尾が真っすぐにならず、若干歪んでしまうのもちょっと気になります。ただ、これもおそらく仮組み段階だけで、ちゃんとゲート処理などをしてからしっかりと組めば真っすぐになると思います。

以上、セルケトの仮組み完了日記でした。

寄夜姐さん、何してるんすかw

A.T.K. GIRL 01【機甲少女《SERQET》セルケト】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

総体的に良いキットなんですが、御模道のキットの中ではちょっと満足度は低いかな。
って感じですね。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ