どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日もセルケトの続きになります。

御模道【ATKガール 05 《セルケト》SERQET】

このキットは武装形態の腕が2パターンあるんですが、今日はもう1つの方の武装腕を紹介しておこうと思います。

それではまず素立ち姿から。

〈ターンテーブル〉

はい、バルタンな星人じゃないですからねー(^^)
この腕がまた超カッコいいんですよ✨

ハサミ腕の詳細はあとで書くとして、とりあえずもう1ポーズいっときます。

〈ターンテーブル〉

可動域の広さと各関節の強度がしっかりしているおかげで、動きのあるポーズもバッチリ決まります♪( ´▽`)

このハサミ腕のギミックと可動域についてですが、まずハサミの全閉状態と全開状態は下画像の通りです。

クリアーパープルとメタリックパープルの使い所が素晴らしいですね✨

ハサミの奥にもメタリックパーツが使われています。

挟んで粒子砲的なものを喰らわせるんです。たぶん…

あと、ハサミ腕の可動域ですが、全開で曲げるとこんな感じ↓になります。

ヒジとハサミの基部2ヶ所が曲がるんですよ。

にしてもやっぱ御模道のデザインセンスは最高にイカしてます♪( ´▽`)

いつも言うように好みは人それぞれですが、個人的に御模道のデザインは5体ともめちゃくちゃ好きですね✨

他の4体も全部そうですが、フル装備前の段階ですでに大満足できるクオリティですから(*´ω`*)

現段階までにかかった時間ですが、素体が1時間半ほどで、ここまでの武装に2時間10分くらいかかってるので、合計3時間40分くらいですね。

このままフル装備まで組んでしまうか、ラーニアを先に組み出すか今ちょっと迷ってるんですよ(^^;

とりあえず今日のところはここまでです。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ

今日届いたもの

御模道【ATKガール 05《セルケト》SERQET】仮組み①

御模道【ATKガール 05 《セルケト》SERQET】仮組み②

御模道【ATKガール 05 《セルケト》SERQET】仮組み③

御模道【ATKガール 05 《セルケト》SERQET】仮組み④

御模道【ATKガール 05 《セルケト》SERQET】仮組み⑤

重要PSアイラブユー

以前の追記で、今回のクーデターはCIAが大きく加担しいると書いた事がありましたが、FBIがそれ以上深く関わっていた事が分かりつつあるみたいです。

そしてそれらを指揮しているニンゲンがバラク・オバマです。
そのオバマでさえただの駒でしかないんですが、とりあえずこのクーデターの表面上のラスボスはやっぱりオバマで決まりっぽいですね。

僕も含めてこういう話に首を突っ込みたがる好奇心旺盛な人にしてみれば、オバマやヒラリーがド悪党だって事は昔から百も承知の事ですが、これが公に出て来たのは凄い事なんですよ。

今までは全部「陰謀論」や「都市伝説」という言葉で流されて来ましたからね。

先日も書きましたが、親分側には決して通常の選挙で勝って通常の刑罰で裁くというような甘い考えは持たずに、何が何でもゴッドオブジャッジメントで徹底的に叩き潰して欲しいと思います。

本音を言うと、これに加担したゴミ共の遺伝子すら残さないで欲しいですね。
個人的にはただ本人を死刑にしただけではとてもじゃないけど納得できません。

コイツ等は一族も含め人類にとってそういう存在なんです。

もちろんマスゴミという犯罪組織も。

マスゴミと言えば日本の主流メディアってのは毎日毎日明けても暮れてもアホの一つ覚えみたいにコロナコロナですな。
今世界では間違いなく歴史に残るようなとんでもない事が起きているというのに、よくもまぁ飽きもせずにそんなどうでもいいようなクダラナイ事ばかりで盛り上がれるモンです。
って言うかこのボンクラ共が今になってビビッてどっち付かずの無難な話題ばかりやってるというのは明らかですけどね。
ホンマに卑怯なゲス共ですよコイツらは。

まぁ今更何をしてもコイツ等はすでにクーデターに加担した外国勢力って事になってると思いますけどね。

主流メディアってのは犯罪組織というより、まるで汚い地べたを這いずり回る哀れな害虫ですな。

それともう1つ重要かつ許しがたい事実を。

少し前にジョージア州のブライアン・ケンプ知事の娘の彼氏が事故に見せかけて殺されたという事件がありました。

その前日にケンプ(ジョージア州)はトランプ陣営側に寝返るような発言をし、娘の彼氏が殺された翌日に全く逆の発言に切り替えました。

そしてこの娘の彼氏が殺された事件を調査していたジェームズ・オサリヴァンという調査員が14日に自宅で殺されました。

トランプ親分…さすがにもうこれ以上ゴミ共に好き勝手させてると、せっかく味方に付いた世論が敵に回り兼ねませんよ。