どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はウィッチの最終回になります。

メガミデバイス【Chaos & Pretty《ウィッチ》】

今回は装備の組み替え例をあと数パターン紹介して終わりたいと思います。

昨日チラッと書きましたけど、なるべくダークネスの時と違うパターンを意識してあります。

とは言え、どうしてもある程度似た感じにはなってしまいますね。

と言うことでまずはコチラから。

〈ターンテーブル〉

ダークネスの時はとにかくパーツを使えるだけ使ってやろう、みたいなノリで装備させてたと思うんですけど、ウィッチは軽めの装備が似合いますね。

ダークネスの時から思ってた事なんですが、個人的に肩の鎧的な装備は無い方がイイと思います。

って事で、次もシンプルなやつを。

〈ターンテーブル〉

今回はちょっと急いでいたので、シチュエーション的になんかよく分からない感じになってしまったけど、この武器は上空から地上に向けて放ってるイメージでポージングするとカッコいいと思います。

それと、帽子の頭部分を後ろに倒してエフェクトパーツを付けるとこんな感じ↓になります。

あと、髪の組み替えパターンなんですが、非武装時のカラーで武装形態にした場合はこんな感じ↓です。

やっぱ非武装時のカラー(ブルー)より武装時のカラー(ライトブルー)の方がいい感じですね。
これ、説明書にはブルーって表記してあるけど、色の表現としては紺色(ネイビーブルー)ですね。

仮組みにかかった時間は素体で約1時間、武装で約1時間30分、計2時間半ほどでした。

下は余剰パーツです。

最後にダークネスと比較できるように撮影したので参考にして下さい。

以上、カオス&プリティのウィッチでした。

メガミデバイス【Chaos & Pretty《ウィッチ》】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥6050
購入価格¥4000

クオリティ、購入価格ともに大満足です✨

強いて言うとしたら1つは笑顔が欲しかったですね。
使い道のないダメージ顔がもし笑顔だったとしたら☆6です。

ウィッチもダークネスよりノーマルの方が氣に入りました。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、俺の感性と近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

メガミデバイス【Chaos & Pretty《ウィッチ》】仮組み ① 開封

メガミデバイス【Chaos & Pretty《ウィッチ》】仮組み ②

メガミデバイス【Chaos & Pretty《ウィッチ》】仮組み ③