どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はブースターパック005の最終日記でございます。

【ヘキサギア《ブースターパック005》デザートイエローVer.】

内容はバルクアーム(ランバージャック)にブースターパック005を装備させた状態の紹介になります。

装備のさせ方は開封日記の説明書を見てもらえれば分かるので、早速装備完了後の画像を貼って行きたいと思います。

〈ターンテーブル〉

これがまためちゃくちゃカッコいいんですよ✨

この装備、現実的に考えてもホバーとの相性はかなり良さそうですよね。

両翼を折り畳んだらこんな感じになります。

この状態でも通常通りガバナーを乗せる事が出来ます。

そう言えばこのガバナーに名前つけるのを忘れてますね。

メットにしときます(笑)

キャノピーとその下にあるパーツはクリアーパーツになっていますが、この2つのパーツは本体と同色のものも付属していて、好みや状況に応じて使い分ける事が出来ます。

ただ、これを交換する為には一回このブロックをバラす必要があるんですが、それが即破損に繋がるような手順になるので、今回はやめておきます。
基本的に使ってるプラが非常に脆いので、バラす時に破損する危険がめちゃめちゃ高いんですよ。

それとあと、久しぶりに箱から出したランバージャックはフニャフニャになってました💧
組み立ててしばらくの間はあれほど頑丈だったバルクアームでさえ、たったの数ヶ月箱に入れておいただけで自立が困難なほどフニャフニャになってしまいました(T_T)

どうにもこうにも、このメーカーのプラは本当にダメですね。
僕が知る限り半年〜1年で全てフニャフニャになります。
プラの密度が低過ぎて軸が縮んでしまうんですかね。

これね、タチが悪いのは”メーカーは分かっていて改善しない”ってところです。

他メーカーのキットも多少は緩くなったりもしますが、ここまで酷いのはコトブキヤだけですよ💧
ダークアドヴェントに関しては未だにほぼ組んだ直後のままの状態を保ってますからね。

バラして軸を瞬着で太らせてやると復活はするけど、箱から出す度いちいちバラすのは面倒です。

仮組み段階や素組みの場合はまだバラせるからいいけど、合わせ目消しと塗装をしてしまうと、ハメ込み箇所なんかはもう二度と復活させる事が出来ないから最悪ですよね(;´Д`)

仮組みにかかった時間は約1時間半ほどで、余剰パーツはありません。

バルクアームに装備させてもグライダーはそのままの状態で残ります。

以上でブースターパック005の紹介日記は一旦締めておきますが、また時間があればいろいろ試して追記させてもらいます。

【ヘキサギア《ブースターパック005》デザートイエローVer.】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥5720
購入価格¥4280

相変わらず品質に対して全く割に合わない価格ですが、バルクアームの追加装備としては満足しています。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ