どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は6日ぶりの休みですよε-(´∀`; )
ほんの僅かな人生という貴重な時間を週6日もやりたくない事に使うなんて正気の沙汰じゃないですね。

だだ権力とカネを持ってるだけのゴミどもの為に働いてると考えれば尚更の事です。

【NUMBER 57《アーマードパペット 柚衣(YUI)》1/24】

で、今日は前回の続きで、素体の可動性能が分かるような画像をupして行くんですが、フレーム状態のような素体をただ単体で撮影したものだけじゃ面白みがないので、レーヴェとの戦闘シーンを演出してみました。

単体で見るより躍動感があると思うので、興味がある方は参考にして下さい。

それではまずこちらの画像から。

〈ターンテーブル〉

後ろ回し蹴りがキマった瞬間ですね。

そう言えば若い頃、実戦で飛び後ろ回し蹴りをカッコよく顔面にキメてやろうとして、失敗してコケたところ逆に顔面にサッカーキックを喰らった事がありましたよ(^^;;
みなさん、後ろ回し蹴りは計画的に使いましょう!

次はこちら。

一瞬で間合いを詰めてボディアッパーを突き刺したところです。

この2パターンは大抵の可動プラモやアクションフィギュアでも再現できると思いますが、胸と腰の可動が優れてないとここまで綺麗にはキマりません。

ちなみにガバナーで同じシーンをやるとこんな感じになります。

このガバナー Vol.3も可動はなかなか優秀なんですが、胴体が1箇所しか動かないのでやっぱりちょっと自由度は低いですね。

次は横からの飛びヒザです。

これはヒザが二重関節じゃないとカッコ良くキマりませんね。

ガバナーだとこんな感じになります。

と、こんな感じでこのアーマードパペット柚衣は素体の段階でかなり遊べる楽しいキットなので、ついついいろいろ試したくなってしまうんですが、そろそろアーマーの方を組んで行きたいと思います。

だがしかしやすし!明日から5日間も連続で仕事なんですよ(;´д`)
それを越えたら落ちつく予定なんですが、それまではもうしばらく簡単な日記が続くと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ