どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はラウドゲイルの仮組み完了日記です。

ヘキサギア《バルクアーム・ラウドゲイル》

まずは軽く搭乗シーンの連続画像をupして行きます。
とりあえずパイロットは轟雷ちんで。

特にややこしい事も不具合もなくスムーズに搭乗させる事ができます。

ここからはヒューマノイド形態に戻して付属武器の紹介をして行きます。

まずはこちら↓から。

これは説明書にレーザーカッターと書かれている武器になるんですが、下画像のように挿して装備します。

それではちょっとしたアクションポーズを。

〈ターンテーブル〉

シンプルな武器ですがカッコいいですね。

次はライフルです。

ロングマガジンも付属しているので、好みで付け替える事ができます。

装備の仕方ですが、バルクアームαなんかと同じく、ハンドパーツに付属アタッチメントを取り付けて持たせます。

次はモンスターバレットという大型の武器です。

この武器の持たせ方もライフルと同じなんですが、今回は下画像に写っているマウントアームというパーツを使って左腕に装備させてます。

それでは実際に装備させた画像をどうぞ。

〈ターンテーブル〉

ライフルはグランツと同じなんですが、モンスターバレットがかなりイケてると思います✨

もう少し動きのあるポーズも撮影してみました。

〈ターンテーブル〉

バルクアーム系は武器を持たせると一段とカッコ良くなりますよね♪( ´▽`)

最後に動かしていて気になった事なんですが、このラウドゲイルはバルクアームにしては関節がかなり緩いです。

特に下半身が弱いので、数カ所瞬着で軸を太らせてから撮影しますた。

ポロリするようなパーツは全然ないですね。

仮組みにかかった時間ですが、本体が約3時間半と武器が20分ほどで、合計約4時間ほどでした。

グランツの使い回しが多いので、余剰パーツがアホほど出ます💧

どうすんのよコレ(;´д`)

これに限らずコトブキヤのキットはムダな余剰パーツがあまりにも多過ぎます。
さすがにこれはちょっと度が過ぎるでしょ…

ガンプラのHG1体分くらいあるんじゃないですかね。

以上、ヘキサギア《ラウドゲイル》の仮組み完了日記でした。

(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

バルクアーム系は総じて満足度が高いんですが、これに関しては関節の設計不良や緩さ、それと非常識な余剰パーツの多さに満足度を大きく下げられたというのが正直なところですね。

デザイン自体はとてもカッコいいと思います。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ヘキサギア《バルクアーム・ラウドゲイル》仮組み①開封

ヘキサギア《バルクアーム・ラウドゲイル》仮組み②

ヘキサギア《バルクアーム・ラウドゲイル》仮組み③

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ