どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

メガミデバイス【BULLET KNIGHTS(バレットナイツ)《ランチャー》HELL BLAZE】

素体の仮組みだけやってあった《ランチャーヘルブレイズ》の武装が組めたので、今日はその画像を上げておきます。

早速画像をupして行くんですが、素体の時にも書いたように、メイクとカラーリング以外は通常の《ランチャー》と全く同じなので、今回はキットに付属するパーツ以外のジョイントやMSGを使って、ちょっと《ランチャー》の時とは違った感じの写真を撮影しています。

なので、このキットだけでは同じ形にならない事をご了承下さいませ(^^)

それではまず本体の武装状態からいきます。
バトルモードですね。

〈ターンテーブル〉

この画像に関する補足としましては、背部アームにヘキサギアのジョイントを使って、MSGのキラービークを接続してあるという事と、腰部分の両サイドに装備する鋭利なアーマーを接着してあるという事ですね。

以前《ランチャー》の時に書きましたが、この腰アーマーは構造的に言って接着無しでまともに保持する事は不可能なんですよ。
最終的に塗装までやるので、スナップフィットキットを仮組み段階で接着するのは嫌なんですが、ブログに載せる写真を撮る為に止むを得ず接着しました(>_<)

それと、キラービークを使っているのにも一応理由があって、武器のランチャーと盾を装備させてない状態で背部アームだけを装備させると、なんか中途半端な感じになるのでカッコ悪いんですよ。

だったら背部アームを外しておいたらいいのでは?って思うかも知れませんが、そういう訳にもいかないんです。
なぜかと言うと、腰のアーマーもこの背部アームに接続するようになっているんです。
つまり、背部アームを外してしまうと腰のアーマーが装備できないんです。

今回僕は”武器を装備させてない状態でのフルアーマー形態”の写真が撮りたかったので、こういう策を取ったという訳です。

その結果として《ランチャー》の時とは違う写真が撮れたので結果オーライですね(^o^)v

で、次は武器と盾を装備させた状態の写真なんですが、この画像ではプリティーアーマーの例の万能ジョイントを使っています。

〈ターンテーブル〉

これにも補足がありまして、この武器は軽く30センチを越えるバカでかいランチャーなので、背部アームだけでは保持が厳しいのと、写真が非常に撮りにくいんですね。

ただ、ちゃんと途中で分割してショートランチャー(それでもバカでかいんですが)にする事が出来るので、ショートの状態で写真を撮ろうとしたんですが、そうすると分割した先端部分がちょっともったいなく感じたんですよ。

なので、キット以外のジョイントを使って2段重ねにしてみたという訳ですね(^^)

これはちょっと無理やり感がありますが、まぁ即席案としてはこんなもんでしょうf^_^;

で、最後の画像になりますが、これはパッケージのイラストを参考に撮ってみました。
個人的には結構良い写真が撮れたかなと思っています♪( ´▽`)

〈ターンテーブル〉

これに関しては特に補足するような事はないんですが、さすがになんの工夫もなくこの上に座らせる事は出来なかったので、リード線でサポートしています。

しかし長い武器ですね(^^;

武装だけでも組むのに1時間10分ほどかかってます。

という感じで、デカールの量以外は特に目新しさは皆無のキットなんですが、元々《ランチャー》と《ランサー》はとても気に入ってるキットだったので、この《ランチャーヘルブレイズ》も同じくらい気に入りました♪( ´▽`)

〈ターンテーブル〉

と言っても《ランチャー》の記事にも書いたし、今日も少し書いたように、スナップフィットキットとしてのクオリティには少々不満がありますけどね。

メガミデバイス【BULLET KNIGHTS(バレットナイツ)《ランチャー》HELL BLAZE】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ