どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はサクッとヘキサギアのローズを組んで行こうと思います。

ヘキサギア【ガバナー:ライトアーマータイプ《ローズ》】

公式設定によると、このローズもモノケロスと同じくリバティーアライアンス側のガバナーなので、”食い込みおパンツ覗き隊”、じゃなくて我が92分隊にとっては敵側という事になりますね。

とりあえず開封と内容物チェックをやって行きます。

パッカーン!

中身を見ていきます。

ハンドパーツは普通のものが3種類と、武器が一体化しているものが2種類(ハンドガンと刀)です。

片手武器に限りますが、このように一体化している方が安定したポージングが可能になるので良いと思います。
1つは通常の武器持ち手がついているので、別の武器を持たせる事もできます。

例のカードも入ってました(^^)

説明書です。

組んでる時にいくつか気になった点があったので下に書いて行くんですが、とりあえずまずは素立ちの画像をupします。

〈ターンテーブル〉

これは髪をアップにした方のヘアパーツを使っているんですが、僕は長いポニテよりこちらの方が好みです(^^)

で、気になった点なんですが、まず頭(顔)が小さ過ぎるように感じます。

キット自体が小さいという事ではなくて、体とのバランス的に頭が小さ過ぎるように感じたという意味です。

ローズに限らずガバナーって基本的に顔が小さ過ぎやしませんか?

それと前髪がすぐにポロリします(>_<)

次にボディーですが、ローズのボディーは軟質パーツになっていて、元から下画像の状態で入っています。

それ自体はもちろん購入前に知っていた事なんで問題はないんですが、この軟質ボディーの中に骨格となるフレームを入れ込む工程がかなり大変でした(>_<)

あと、足首の可動についてなんですが、下画像のような構造になっている為、前後だけで左右には動かせません。

足首の可動は接地性に大きく関わってくるので、これは残念ポイントですね。
とは言ってもローズの場合は元から接地面が少ないヒールなので大して変わらないかも知れないですね(^^;

あとはヒジやヒザの関節がピンを挿し込む構造になっているんですが、おそらく指で挿し込む事は無理だと思うので、僕は作業台のカドに押し付けて入れました。

ちなみにこのピンは予備がついてます。

というように気になる点もいくつかあるキットなんですが、ガバナーにありがちな関節がユルユルということもないし、僕はそこそこ気に入ってます(^^)

最後にアクションポーズも何枚かupしておきますね。

〈ターンテーブル〉

手首一体式の刀も軟質パーツなので、なんか木刀みたいに見えますね(^^;

このナイフ付きのハンドガンはなかなかカッコいいです♪( ´▽`)

仮組みにかかった時間は約40分程度です。

ヘキサギア【ガバナー:ライトアーマータイプ《ローズ》】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ