アトリエ ピンクバレット の國光です。

HG【フルメタル・パニック! アーバレストVer.IV(緊急展開ブースター装備仕様) 】

《アーバレスト》の仮組みができました。

これはかなりカッコいいですよ!
とりあえず仮組み画像を見て下さい。

まずはブースターです。

パネルラインやモールドがクッキリしていてめっちゃいい感じです。

次にアーバレスト本体です。

で、ブースターを背中に装備させるとこうなります。

〈ターンテーブル〉

緊急展開ブースターの存在感が凄いです。
一気に迫力が増しましたね。

単純に見たままの感想を言うと、めっちゃ気に入りました。

ちなみに撮影の時使っているディスプレイスタンドはこのキットに付属する物です。

ここから下はちょっと京アニの話になるんですが、今回このキットを組んだのは、なんとも言い難い自分の心の乱れを落ち着かせるという意味、犠牲になられた京アニの方々を悼むという意味があっての事でした。

だけどそれはむしろ逆効果になったようで、京アニの事を思えば思うほどやった奴に対する殺意とも言えるくらいの感情が込み上がってくるんですよ。

京都アニメーションの社長は第1スタジオの建物を取り壊して碑などがある公園を作るとの事ですけど、僕もそれはとても良い考えだと思います。

犠牲になられた方々のご家族や関係者さんはもちろんそうですが、世界に誇れるような素晴らしいクリエイター達を育てて来られた社長さんの心情を思うと、犠牲になられた人たちに対する追悼、生前世界中の人々を楽しませたり感動を与える作品を作って下さったという感謝や尊敬よりも、やっぱりやった奴に対しての怒りの方が遥かに強く込み上げて来るんですよ。

いたぶり殺してやりたいと本気で思うくらいの怒りが。

「目には目を。刃には刃を」「攻撃は最大の防御」の精神で生きてるとはいえ、直接的には関係の無い僕みたいな奴でさえこれですよ。
関係者の人たちの心中を考えると…

僕は生きて行くのに最低限必要な分と、多少の好きな事が出来るだけの金さえあればいいと考えてますが、こういう時は金持ちなら良かったと思いますね。

亡くなった方やご遺族の方たちに対しては、こんな時に言葉や金など無意味に等しい物かもわかりませんが、会社や施設、地域などは金があればある程度なら復活させる事が可能ですよね。

こういった事件や災害があった時はやっぱ金が無いと大して何も協力出来ないんですよ。

逆に無駄に金を持ってるような人はいくらでも協力出来るんですよ。

こういう時己の無力さが情けなくなりますね。

なので何も出来ない分、いつまでも悲しみや怒りという負の感情に囚われてないで、せめて明るく京都アニメーションを応援して行こうと思います。

自分に出来るのは多少の寄付とか、せいぜいそんな事くらいしかありませんからね。

ということで明日からはまた通常運転です。