どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はプラモ製作もほとんど進んでないので、以前記事にすると言っていたABSパーツの塗装のやり方でも書き込んでおきます。
あくまでも私個人のやり方で、これが一般的かどうかは分かりません。
また、こうすれば完璧に大丈夫と言う訳でも無いと思いますので参考程度にお考え下さい。

まずは800番くらいのペーパーで普通に磨きます。
そしてパーツを綺麗にした後でプライマーで一旦軽くコーティングします。
その際に自分が使っているプライマーは『ガイアマルチプライマー』です。

 

これは染めQさんが開発しているプライマーらしいので、おそらく『ミッチャクロン』を模型専用に改良した物と思われます。
量の割にめちゃくちゃ高いですが、染めQのプライマーは定評があるので私はこれを使っています。

エアブラシが無い方や、高すぎると思われる方はタミヤの『ナイロン/PP用プライマー』でもいいと思います。
自分が以前試したところ、問題無く使えました。

 

プライマーが乾燥したらサフか本塗装になりますが、この時出来るだけ薄く何層にも分けて吹くようにしています。
筆塗りの場合はドライブラシに近い状態で何回にも分けて塗ればいいように思いますが試した事はありません;

ABSは溶剤の侵食により脆くなるとの事なので、塗料がパーツに付く頃には溶剤がほぼ揮発しているようなイメージですかね。
でもあまり極端過ぎると塗装面がザラついたり塗料の乗りが悪くなったりします。
その辺は感覚的な事になって来ますのである程度の慣れは必要かも分かりません。

もし一気に吹きすぎたと思った時はすぐに強制乾燥させると大丈夫だと思います。
目安としては、ツヤで判断します。濡れた感じのツヤが出ていれば自分の場合ドライヤーで軽く炙ってやります。
しかしこれもあまりやり過ぎるとパーツが変形してしまいます。
ABSは熱にも強い材質との事だったので一度どれくらい耐えるか試したんですが、全然耐えてくれません。相当なヘタレっぷりですぐに変形してしまいました。
模型のABSはめちゃめちゃ熱に弱いです。

私の場合は上記のようなやり方でABSを塗装していますが、ハッキリ言ってプライマーは無くても塗装可能です。
これも何度か試しましたが大丈夫でした。だけどやはり不安定な塗装である事には違い無いので、コーティングするという事に加え、塗料の密着性を高めるという意味でも私はプライマーを使っています。

また長くなってしまいましたが簡単に言ってしまうと、要は溶剤さんがパーツ上に滞在されている時間を出来る限り少なくしてやればABSも問題無く塗装する事が可能という事になります。

とは言っても重要なパーツである事が多いのでとても気を使う作業と言う事に変わりはありません。
以上ABS塗装のやり方でした。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ