どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は久しぶりにフィギュア用衣装の紹介をやりたいと思います。

『G.N.PROJECT』【オプションコスチューム《 スネちゃんパーカー 》蛍光イエローグリーンVer.】

スネイルシェル(蝸之殼)から発売されたG.N.PROJECT用のコスチュームです。

今回は水着ウルフちゃんとミルクに着せてみようと思います。

パッケージから出すとこんな感じ↓です。

とりあえずミルクに羽織らせるとこんな感じ↓

こうして並べてみるとこの2人、スケールが全然違いますね💧

ウルフちゃんも1/12スケールという扱いになってるけど、実際のスケールは1/10~1/11ですね。

という事で、今回はスケールの違うキャラに着せるとどんな感じになるのか比較も兼ねての紹介となります。

って言うか何氣にハンガー可愛いな(´▽`)

それではまずはミルク(1/12)からどうぞ。

〈ターンテーブル〉

もうね、この段階で質の良さがビシバシと伝わります✨

いやいや💦このサイズでこれはマジで凄いクオリティですよ!

特筆するポイントがいくつもあるんですが、とりあえずこのフード・・・

縁にワイヤーが入っているので自由に表情を付ける事が出来るんですよ。

自分が知る限り日本のメーカー(アゾン)の衣装によくありがちなのが、こういうフードは変に型が付いている為、背中側に綺麗に倒す事が出来ないものが多いんです。

ポケットもしっかりと作られているので、ハンドパーツを付けたままでもちゃんと手を入れる事が可能です。

あと、1番驚いたのが前面のファスナーですね。

これ、飾りじゃなくて本物のファスナーなんですよ。

って事で下画像はファスナーを半分くらい閉めた状態で着せてます。

ここでは中途半端に閉めてますが、もちろん襟元まで閉める事も可能です。

次はウルフちゃんに着せて行くので、ここまで書いた特徴を踏まえた上で見てもらえれば、この衣装の凄さが尚良く分かると思います。

〈ターンテーブル〉

1/10くらいのスケールに着せても全く問題ないですね。

あと、獣耳があるようなキャラにでも問題なくフードを被せる事が出来ます。

ファスナーを上まで閉めるとこんな感じ↓です。

生地もしっかりとしているし、もう実際の服とほとんど変わらないんじゃないですかね、これ(^^;

このサイズでここまでクオリティの高いものをよく作ったものです。

こうなると他のメーカーのキャラにも着せてみたくなるのが心情ってもので、次回はフィグマやFAガールなんかに着せてみようかと考えてます。

このHPに通ってくれるような好奇心旺盛な変わり者(誉め言葉)の人ならおそらくその辺も氣になるところだと思うので、次回を楽しみにしておいて下さいね(^_-)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ