どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

figma Styles「ユウキ」の続きやって行きます。

figma Styles【女性body 《 ユウキ 》with テックウェアコーデ】

まずは表情のアップから。

フェイスパーツは上の2つしか付属しないんですが、帽子(キャップ)を被った頭部が付いてます。
ソチラの紹介はまた次回にでも。

ではアクションポーズを付けて行きます。

〈ターンテーブル〉

歌舞伎じゃなくて拳法ですよ(^^;)

ハンドパーツが平手、握り拳、持ち手しかないので、平手を使うしかなかったんです💧

良く動くし、バランスも接地性もイイ感じですね。

健康的なビジュアルも素晴らしい✨

これはポージングが楽しいタイプとお見受けしましたぞ!

次のポーズに行く前に、付属のTシャツを着せてみます。

この姿しゅき(´∀`*)♡

かたじけない。

ただ、このTシャツは新素材の超軟質素材で出来てるらしいんですが、要はシリコン製なんですね。

シリコン素材は細かい埃がめちゃくちゃ付着しやすいので扱いが大変なんですよ。

黒は特に目立ちますしね。

触る度にマスキングテープで除去するのがちょっと面倒です。

ではこの姿で回し蹴りでもさせてみますかな(*´ω`*)

〈ターンテーブル〉

美しい!

実に美しい!!

下着にTシャツのみという健康的な姿での回し蹴りはいつ見てもとても美しいものです。

昔はあちこちで見かけたものですが、最近ではめっきり見かけなくなりましたよね。実に残念な事です。

ところで、スタンドも無しでパレットの上に片脚立ちしてるのって凄いと思いません?

実はこれ、自立してるように見えるけど、ちょっとしたカラクリがあるんです。

そのカラクリってのがコチラ↓

これをパレットの裏側に仕込んであるのです。

簡単に説明すると、まずランナーの十字になってるところをカットして、それに1ミリの穴を開けます。
そこに1ミリの真鍮線を挿して接着します。
あとはフィグマ本体の足裏にも1ミリの穴を開け、裏と表からパレットを挟む形で固定しているというワケでございます。

この即席の固定用パーツとパレットを使うと、少々不安定なポーズでも簡単には倒れなくなります。

自分は出来る限りスタンドを使いたくないので、今回はちょっと工夫して片脚立ちを撮影しました。

スタンドを使わない蹴り姿の写真は美しいでしょ✨

あと、この娘は片ヒザも美しいですよ。

出来ればこの格好のままいろんなポーズを撮って行きたいところですが、次回はズボンを履かせてみたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ