どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はアルシアの続きにします。

【島田フミカネ ART WORKS《 アルシア 》】

アルシアの本体が組めました。

今日はとりあえず素立ち姿だけupしておきたいと思います。

では早速。

〈ターンテーブル〉

うん。イイと思います。
イイとは思うんですよ。

なんですが、良くも悪くもフミカネっ子。
良くも悪くも初期のFAガールって感じなんですよね。

要するに、見た目もキットの構造も真新しさが無いと言うか、驚きがないと言うか、慣れ親しんだいつものやつって感じなんですよ。

イノセンティア、バーゼラルド辺りのバリエーションキットを組んでるような印象です。

って言うか、ナニがとは言わんがほとんど出てもーとるやん(^^;)

ここまでするならもうボトムレスでいいと思う。

いや、もはやその方が自然だと思ふ。

無理して穿かせなくても良いと思ふ。

「フロもそーおもーう」

まだ武器は組めてないんですが、ここまでで氣になったところが1点。

説明書にも注意書きがありますが、上画像パーツ(D12)の切ってはいけない部分をカットする危険が高いので、自分みたいに二度切りする人は特に氣を付けて下さい。
自分はゲートと間違って危うくカットしそうになりましたよ。

一応また比較画像を貼っておきます。

FAガールと比べたら若干小さいんですね。

1/12スケールと比べたらやっぱかなりデカいです。

ちょっとハナシは逸れるんですが、上の画像を撮る為、久しぶりにフィグマの椎名六花を出して来ました。

改めて見ても最悪な品質ですよ。
よくもまぁこんなモノを恥ずかしげもなく商品として世に出せたもんです。

アルシアに関しては今のところ特に素晴らしいと感じるところも不満に感じるところもありませんね。

次は武器を組んで行きます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ