どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

またまた今日も子鼠ちゃんの続きです。

MS GENERAL【RAIDER OF SHADOW RS-01《 子鼠 》レイダーオブシャドー】

今回はブレードを使ったポージング画像を紹介して行きます。

では早速コチラの画像から。

〈ターンテーブル〉

やっぱ見た目的にはめちゃくちゃイイですね✨

この武器もシンプルながらかなりイイ感じです。

ここで1つ新たなギミック、と言うか可動箇所があるんですけど氣が付きました?

耳の横にあるアンテナ的なゴールドのパーツが可動するんですよ。

ちょっとした事なんですけど、これを展開させる事で更にカッコ良くなりますね✨

次はもう少し動きのあるポーズを。

〈ターンテーブル〉

これだけ動かしてもポロリは全く無いし、どんなポーズでもサマになるのでポージングが楽しくて楽しくて♪

ここでちょっと先日書いた「飾りやすさ」と「撮影しやすさ」という観点から見た場合のセンスは最悪。という事について書いておきます。

そうです!先の画像で分かる通り、このキットもディスプレイ用の3ミリ穴が全く無いんです(;´д`)

以前紹介したVFガールのランカちゃんもそうですが、武装系のアクションプラモで、ディスプレイの事を考慮しないってのは一体どういう事なのか俺には全く理解不能です💧

そうするメリットが全く思いつかないし、何か意図があるとは思えません。
外観的に穴が開いてない方が良いと考えるなら、御模道みたいな仕様にすればいいだけの事ですからね。

さては穴あけるの忘れとるな(-_-メ)

そう言えば、中国には「プラモデルはアンダーゲートでなくてはならない」という法律があるんじゃないかってくらい、中華メーカーがアンダーゲートを乱発していた問題なんですが、どうやらそのような法律はなかったようで、最近は要所要所にしかアンダーゲートは使われなくなってます。

使いどころを覚えたようですね。

次回は動画でチラチラと写っていた大型の武器を紹介して最終回にしたいと考えてます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ