どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は子鼠ちゃんの続きです。

MS GENERAL【RAIDER OF SHADOW RS-01《 子鼠 》レイダーオブシャドー】

子鼠ちゃんの続きをやって行きます。

まずは4種類ある表情パーツのアップから。

マジで全部めっちゃ可愛いですよ(*´∇`*)

ただ、相変わらずフェイスパーツは替えにくいです💧

今回もこんな感じ↓になっていて、前髪パーツを3つバラさないと交換できません。

これってスパチュラがない場合は一体どうやって交換するのか不思議なくらいですよ。
いや、スパチュラ無しで交換が可能なのかこれは?

ここは独自路線じゃなく、一般的な流れに乗っておこうぜ💧って感じですよ。

技術的にバンダイにも迫る勢いのメーカーがなぜこんな具合の悪い構造にしているのかはかなり謎なんですが、とりあえずまた表情を変えつつ、ポージング画像をupして行きたいと思います。

ではまずコチラから。

〈ターンテーブル〉

とにかく可愛いですね♡

手に持っている武器なんですが、説明書には「武器」としか書かれてません。
ネズミっぽい鍵の形をしたステッキですね。
これは魔法の杖みたいなものなのか、ただの鈍器なのかは分からないけど、デザイン的にはとても良い感じです✨

次は蹴りのポーズをさせてみました。

〈ターンテーブル〉

この体勢でも自立するんですが、さすがに不安定なんでスタンドを使ってます。

ここでも1つ大きなマイナスポイントが。

この娘の前に組んだランカちゃがそうだったように、この娘にもなぜか3ミリ穴が無いんですよ💧

なので先日紹介した【ディスプレイスタンド《 魂STAGE 》ACT HUMANOID 】と、別商品のアームを組み合わせたスタンドで支えてます。

《 魂STAGE 》ACT HUMANOIDが無いと、このポージングを撮影する事は出来なかったと思います。

今日は以上になるんですが、フェイスパーツが外しにくい事、3ミリ穴が無い事、それと今回は最初から分かって買ってはいるけど、1/12スケールじゃない事。

早くも3つのネガティブポイントがある訳ですが、それでもまだポジティブ寄りな印象を受けるのはある意味凄いと思いますね。

次回は残り2つの表情を使いつつ、このキットの特徴の1つとも言える「被り物」を紹介して行こうと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ