どーもっ!最近わりとガチでブレーキングダウンに出たいと思ってる國光です。

「ウォーターガンD」の最終回の前に、今日はレイダーオブシャドー「子鼠」の開封をやりたいと思います。

MS GENERAL【RAIDER OF SHADOW RS-01《 子鼠 》レイダーオブシャドー】

まず最初に、以前紹介した「丑牛」がRS-02で、この「子鼠」がRS-01です。
発売された順序が逆になってます。

それと、この[MSジェネラル]というメーカーの、1/12と謳っておきながら実際は1/10だという事に対してかなり不満を感じていたワケですが、今回はそれを分かった上で買ってます。

その理由なんですが、丑牛が約17センチだったのに対して、この娘の実寸は15センチという事になっていたんですよ。

それでも180センチなんで決して1/12では無いけど、FAガールと同じくらいならまぁアリかなと。

それでは開封して行きたいと思います。

今回はぺこらにアシスタントをやってもらいます。

箱パッカーン!

箱はそこそこデカいんですけど、中身は割とスカスカですね。

取り出してチェックして行きます。

ランナーは比較的大きめなものが16枚です。
色分けは8色ですね。

バンドパーツ。

5組です。
これ、パターンも造形も「丑牛」と全く同じっぽいですね💧

フェイスパーツ。

この娘、顔はかなり可愛いですぞ✨

「丑牛」と同じく4パターン+印刷ナシが2個です。

この辺は日本のメーカーも見習って欲しいところですよね。

リード線が2本。

デカールとシールです。

それとカード。

「丑牛」に入ってたやつの絵柄が違うカードです。

あと、カードゲームみたいな雰囲氣のちょっとカッコいいカードが2枚入ってました。

「丑牛」が発売された時はまだカードが出来てなかったんでしょうね。
もしくは、「せや!このシリーズ全種にカードゲームっぽいカードを付けようぜ!」って後から決まったのか…
とにかく「子鼠」と「丑牛」のカードです。

説明書はこんな感じです。

30ページもありますよ💦

パーツ数は「丑牛」の方が多かったような氣がするけど、説明書は「子鼠」の方が多いですね。
組み立て工程は21ページほどです。

それでは早速組んで行きたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ