どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はフィギュア紹介の軽い日記になります。

Re:ゼロから始める異世界生活【プレシャスフィギュア《レム》~プリティ小悪魔 ver.~ 】

ハイ。この前のレム(ぬーどるストッパー)を買ってからまるで堰を切ったようにプライズフィギュアを買いまくっておる次第でございまして( ´_ゝ`)

早い話がレムの可愛さとプライズフィギュアのクオリティーの高さに魅了されてしまったという訳でございます(*´ω`*)

そんなこんなで今日はとりあえずレムの「プリティ小悪魔 ver.」というフィギュアを紹介したいと思います。

箱ナシで買ったので早速フィギュア本体の画像をupして行きます。

〈ターンテーブル〉

これまためっちゃクソ可愛いがな(((o(≧∀≦)o)))♡

尋常ならざる可愛さやなこれは♡

自分は動かないフィギュアに関してはド素人なんでよく分からんのですけど、普通に売ってるやつとプライズ品の根本的な違いって何なんすかね?

材質が違うとか価格的な違いは当然分かるんですが、正直クオリティー的な価値の違いが分かりません。

例えばここでいくつか紹介して来た「ポップアップパレード」は¥3900なんですが、クオリティー的な違いが全く分かりません。

一部のもの、具体的に言うと「とらぶるシリーズ」なんかと比べれば、このレムやぬーどるストッパーの方が遥かにクオリティーが高いです。

それなのに¥1000台で買えるんですよ。

まぁ自分が知らないだけで、いろいろと違いはあるんでしょうが、価値観って人それぞれですし、なんの先入観もナシで並べられたものを見て、どれが1番高価か?って聞かれてもハッキリ言ってほとんどの人は分からないと思います。

要はその並べられたものの中で、感覚的にこれが1番イイ!って感じたものがその人にとっての価値観で、その人にとっての1番なんですよ。

物の価値の本質ってのは、高いか安いかで決まるようなしょうもないもんじゃないって事です。

価格が高ければ価値があると思ってるようなニンゲンってのは、カネに支配され、カネに従順な貧しくて可哀想な生き物だと俺は思ってます。

紙切れをいくら持っていても自分というものを持ってないようなヤツより、自分の心に従順に、素直で正直に生きてる人の方がよっぽど豊で幸せだと思いますよ。

ちょっと話が逸れましたが、そういう意味で俺の価値観で言うと、【プレシャスフィギュア《レム》~プリティ小悪魔 ver.~ 】(プライズフィギュア)は、ビジュアル的にも品質的にも素晴らしい造形物だと思います。

実に素晴らしい!

まだいくつか買ってあるので、また時間が無い時やネタが無い時にでもちょくちょく挟んで行こうと考えてます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

先日1トンのサンドバッグ(フレコン)を動かしたって内容の追伸を書いた時、タバコのカラ箱を拳圧で倒せたらローソクの火を消せるって言ってたと思うんですが、こういう事です。

自分のアジトは踏込みで揺れてやりにくいので、一旦奥に振れてから手前に戻って倒れてしまったけど、安定した足場の場所でやれば奥に倒れます。

あと、俺はパーラメントしか吸わないので手元にロングの箱しかなかったけど、ロングは重いので結構難しいと思います。

空氣を相手に本氣で打つパンチはヒジ関節を痛めやすいので、やる際には氣を付けて下さいね。