どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日もスサノヲの続きです。

メガミデバイス《皇巫 スサノヲ》

昨日は「ヴィジランスモード」という装備形態の紹介をやりましたが、今日は「インセインモード」という形態の紹介をやって行きたいと思います。

まずボディー側ですが、腕にマルチアーマメントケープを装備し、顔に仮面を被せます。

この状態もめっちゃカッコいいですね✨

で、これに変形させた背部ユニットを装備し、足首周りも少し変形させれば「インセインモード」です。

〈ターンテーブル〉

めっちゃ強そう。

ただ、神々しいと言うより禍々しいけどね(^^;

見た目的には厳つくてとてもカッコいいんですが、剣を持たせると一切肩関節を上げる事が出来なくなります。

「マルチアーマメントケープ」+「天叢雲剣」で完全な重量オーバーです。

という事で、個人的にこの形態はナシですね。

自分はこれくらいの装備が好きです。

〈ターンテーブル〉

この状態で仮面を付けても良かったかも。

ここまで触って撮影して思った事なんですが、見た目はかなりカッコいいし、可動性能も申し分ないけど、装備が重すぎたり干渉したりするので、結局ポージングがほとんど出来ないってのが残念なところですね。

そしてそれは九尾も同じです。

たぶん次回が最終回になると思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

そう言えば今日はそういう雰囲氣の日でしたね。

ちょっと前の日記でチラッと『湘爆』のネタを使ったけど、あれからなんか無性に『湘南爆走族』が観たくなったので、アニメ版を12話まで一氣に観てしまいました。約12時間ほぼブッ続けで(^^;

やっぱ湘爆はいいなぁ✨

アニメで観るのもめっちゃ久しぶりだったんですが、声優が超豪華だという事にも驚きましたよ。
アムロとシャアが脇役とは・・・

俺は世代的にリアルタイムで好きだったんですが、今こんな時代だからこそ若い子たちに観て欲しい作品だと思いました。

湘爆はよくヤンキー漫画の先駆けみたいに言われるけど、これは「青春グラフィティ」です。

アツくて甘酸っぱい物語・・・

若者にとって大切なものが一杯詰まった名作です。

おかげで年甲斐も無くアツい喧嘩と甘い恋がしたくなってしまいましたよ。