どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はアーカムナイトと同じ日に届いた図書委員長さんを開封したいと思います。

とりあえずはやく全身弄り回したいのでね(*´ω`*)

figma【ARMS NOTE《図書委員長さん》フィグマ】

この娘もめっちゃ楽しみにしてたんですよね♪

って事で早速開封して行きます。

ブリスターは二段になってます。

デッカい武器ですねー。

スタンドとハンドパーツです。

それではとりあえずブリスターに入ってた状態でグルッと1周。

〈ターンテーブル〉

アーマーの下が普通のYシャツ(制服)というギャップがイイですね♡

まだブリスターから出して少し触った程度なので、詳しい事は書けませんが、とりあえず見た目的にはとても良いと思います✨

ただ、メーカーが悪い意味で今ノリにノってるマックスファクトリーなので、決して油断は出来ませんけどね。

次回は可動性能を見て行きたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

ロシアのウクライナ侵攻。
キューバ危機の再来。

ついにプーさんが動いたみたいですね。

これがもし現実に起きるとすれば、この腐りきった世界を変える唯一最後の希望になるかもしれません。

ただ、これはいつも支配者層の寄生虫どもが起こしてる利権絡みの計画的な戦争ではなく、プーさんvs寄生虫どものガチ大喧嘩になる可能性が高いと思います。

そうなると、当然中国はその流れに乗じて台湾進攻に踏み切るでしょうね。

日本?そんなモンもうすでにほぼ侵略が完了しているので今更武力で攻め込む必要なんかありませんよ。
政府、メディア、芸膿界を見て下さいよ。外来種だらけじゃないですか。
この国に影響を及ぼすようなポジションにもうほとんど本物の日本人なんかいませんよ。

とにかく、もしそうなると全世界が莫大な犠牲を伴う事になるけど、ここまで来ると一度破壊してしまわない事にはもうどうにもなりませんね。

この狂いまくった世界は。

ハッキリ言って、攻撃してる側より、むしろ攻撃されてる側が狂ってるんですからどうしようもありません💧

本当は全ての奴隷たちが氣付き、声をあげる事で世界を変えるのが一番ベストだと思いますが、これほど分かりやすい形で好き放題いたぶられているというにも関わらず、立ち上がるどころか、ほとんどの奴隷が進んでアチラさんの後押しをやってるんですからもう救いようがありませんよ💧

今この世界で本当の意味で「国家」と言えるまともな国はロシア、北朝鮮、イラン、キューバくらいです。

この狂った世界を何とかできる希望があるとするなら、それらの国とプーチンさんだけですよ。
ドイツもあるいはってところですかね。

マジでもうそれだけです。

プーさん。SWIFTもろとも一度世界をブッ壊してくれ!