どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はUMP9の最終回になります。

figma【ドールズフロントライン《UMP9》マックスファクトリー】

早速付属の武器を持たせて行くんですが、とりあえずまずは3パターンある表情のアップから。

3パターンとも良い表情してますね♪

それでは1パターン目行きます。

〈ターンテーブル〉

かなりイイ感じです♪( ´▽`)

《UMP45》にはグリップがあったんですが、《UMP9》にはありませんね。

次は表情を変えてグレネードを持たせてます。

〈ターンテーブル〉

見た目だけじゃなく、接地性もなかなか良い感じです♪

これはEMPグレネードですかね?

最後は片ヒザにチャレンジさせてみました。
ちなみにSMGはストックを折り畳む事とサプレッサーを取り外す事ができるようになってます。

〈ターンテーブル〉

これくらいが限界です💧さすがにこれは片ヒザとは言えませんね(^^;

やっぱ基本的にフィグマはアクションポーズが苦手てす。

リトルアーモリー《西部愛》の時に書いたように、銃器を扱うキャラの場合は必ずしゃがみ専用の下半身を付けて欲しいですね。

これでも充分カッコいいし氣に入ってるんですが、《西部愛》みたいな下半身が付いていれば更にめちゃくちゃカッコ良くなったと思うととても残念です(>_<)

以上、ドールズフロントライン《UMP9》の紹介日記でした。

figma【ドールズフロントライン《UMP9》マックスファクトリー】の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥8800
購入価格¥7300

この娘自体はめちゃくちゃ氣に入りました✨

ただ、価格がべらぼうに高いですね(;´д`)

もちろんそれを分かった上で買ってるんですが、付属品の少なさを考えるとこの価格はどう考えても高いです。

この価格ならせめて《西部愛》みたいに交換用の下半身は付けるべきだと思いますね。

元々フィグマに可動は期待してないとは言え、銃をメイン武器として扱う設定のキャラが片ヒザで銃を構える事が出来ないってのはさすがにどうかと思います💧

これまでかなりの数のアクションフィギュアや可動プラモを買ってるけど、グダグダ言わず、ただ「最高!」と言えるような作品って滅多に出会えないものなんですね(;´Д`)

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ