どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はガネーシャの続きです。

【メガミデバイス 《ギアユニット Ver.ガネーシャ》アリス・ギア・アイギス】

なんですが、今日はユニットに関する内容ではなくて、新規フェイスパーツなんかの付属品を紹介するだけの回になります。

下はその付属品を全部並べた画像です。

正確に言うと、これ以外にもあるんですが、それはまた最終回にでも触れたいと思います。

と言うことで、まずはシタラ天機に新規のフェイスパーツ(3パターン)を付けてみたので、そちらの画像からどうぞ。

下画像はノーマルと天機に付いていた表情です。

それではノーマルシタラ(白髪は特典パーツ)にハリセンを持たせてみましょう。

〈ターンテーブル〉

僕はアリスギアアイギスをやってないからちょっと分からないんですけど、ハリセンってシタラのパーソナルアイテム的な小道具なんですかね。

なんにせよ、これはなかなか面白いアイテムだと思います✨

次はハリセン2本持ち(^^)

〈うー!にゃー♪うー!にゃー♪〉

マジでイイですねー!このアイテム♪( ´▽`)

こんなん遊びたくなってしまうっちゅーねん(°▽°)

エガちゃん、今日も良い仕事をありがとう(笑)

次は天機の時にも付いてた、なんかよく分からんファンネルみたいなビット(SPギア)を持たせてみました。

〈ターン♪ターン♪〉

隣に置いてあるのは「シタラちゃん人形」っていう人形らしいです。

次はショットギアを持たせてみました。

付属のサポートパーツを使うと、上画像のように腕を曲げた状態でも保持する事ができます。

次はクロスギアです。

めっちゃ長い💦

この武器は重さも結構なものなんですが、プラの持ち手を使えば、ご覧の通り片腕で持たせる事も可能です。

シタラの関節ってかなり優秀ですね✨

あと、このキットには非武装時(素体)用の足(靴)が付いているんですが、最初は「なんでノーマルと同じものが入ってるんかな?」って思ってたんですよ。

でもよく見るとこれ、ノーマルのものより少し小さいですね。

向かって左側が新規、右側が元からのものになります。

新規の靴の方が小さいでしょ?

これに替える事で、元から背が低いシタラを更に1ミリほど低身長化させる事が出来るようになってます。

とりあえず今日のところはここまでになるんですが、最後にちょっとまた音楽の話題を少しだけ。

すぐに気付いた人も多いと思いますが、今日のターンテーブル動画に使ってるBGMって全部なにか妙な感じがしませんでしたか?

先日ターンテーブル動画のBGMに使った曲のコード進行や不協和音に関する事をチラッと書きましたが、今日のターンテーブル動画のBGMは敢えてそういう「訳がわからない主題歌」ばかりにしてみました。

ジャズなどは別にして、普通一般的な曲ではまず使わないようなコード進行で成り立ってる複雑怪奇な曲です。

この曲たちは前から知ってたし、なんか気持ち悪いけど、なんかクセになる妙な曲やなぁとは思っていたんですが、よくよく聴いてみると、相当ブッ飛んだヤバい曲ですね💦

まずこれが曲として成立してること自体が不思議です。

で、調べてみたら全部同じ人が作ってるみたいなんですよ(^^;

田中秀和っていう人なんですが、この機会に知らなかった曲もいろいろ聴いてみました。

さすがにやり過ぎだと感じる曲もあるんですけど、なかなか面白い曲を作る人ですね。

「普通」「一般的」「常識的」「みんながやってるから」「みんなが言ってるから」「流行ってるから」というような事を重要視する「その他大勢」が嫌な僕としては、この人が創る型にハマらない独特な曲にとても魅力を感じます。

こんな難しいとんでもない曲を歌わされる声優の子たちはたまったモンじゃないと思いますがね(^^;;

とにかくアニソンやゲームソングって遊び心が満載な曲が多いので、聴いてて楽しいし飽きません。

どちらかと言うと僕は若い頃アニソンを毛嫌いしていた方なんですが、アニソンやゲームソングしか聴かなくなった今となっては、一般的な曲に魅力を感じなくなりました。

アニソンやゲームソングって本当に奥が深いですよ。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ