どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

巨大ユニット《ガネーシャ》の仮組みが完了しました。

【メガミデバイス 《ギアユニット Ver.ガネーシャ》アリス・ギア・アイギス】

仮組みは出来たんですが、シタラとドッキングさせた状態の写真はまだ撮影できてないので、今日のところはガネーシャ単体での紹介となります。

と言ってもシタラと一緒に撮影しているので、大きさの参考くらいにはなるかと思います。

それではまず、シタラがこのユニットを初めて見た時の反応といった感じの写真から。

デカっ💦

さすがに『デンドロビウム』というのは大袈裟な誇張だと思うけど、デカくて迫力があるって事は間違いないですね。

ちょっとアームに座らせてみました。

おっ!これイイかも(^^♪

一応もう一度書いておきますが、僕が買ったキットはシタラが付属しない方のVer.になります。

今日の日記に登場するシタラは過去に買って仮組みしてあったシタラです。

それではここでグルっと全貌を。

《ターンテーブル》

迫力があるのはもちろんの事なんですが、装備してない状態で見てもカッコいいですね✨

組んでいて気になったポイントなんですが、まず下の画像を見て下さい。

前から僕が散々言ってた、「合わせ目にハードポイントを持って来たらダメ!ゼッタイ!」ってやつなんですが、遂にそれに気付いてくれたみたいで、このキットはちゃんとその対策がしてありました。

あと、アームユニットの可動部がユルいので、自重を保持できず下画像みたいに自然に垂れ下がります。

全て組んだ後にこういう角度(上向き)にする事はほとんど無いと思うので、まぁここはそれほど気にする事はないと思います。
ただ、最低でもせめて自重を支えるだけの強度(精度)は確保しておいて欲しいとは思いますね。

それ以外に数ヵ所合いが悪いところなんかもありましたし、相変わらずパーツどうしが全体的にギチギチしてはいるけど、大きな不具合というのは特になかったです。

御模道のキットを組んだ後なので特にそう思うのかも知れませんが、説明書の構成も含め、組んでいて気持ちいいと思えるようなキットでは無かったですね。

まぁこれは感覚的なものなので、あくまで個人的にそう感じたというだけで、キットそのものは全体的に見て良いキットだと思います。

特にこの迫力は一件の価値有りだと思いますよ(^_^)b

次回はシタラに関する追加パーツの紹介になると思います。

明日辺りにめっちゃ楽しみにしていたフィギュアが届く予定なので、シタラがガネーシャを装備した姿はもうしばらく後になってしまうかも知れません(^^;

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ