どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はエクスキューショナーの武装形態を紹介して行きます。

メガミデバイス【BULLET KNIGHTS《エクスキューショナー》バレットナイツ】

とりあえずまだフル装備ではないんですが、エクスキューショナーの武装形態はこんな感じです。

〈ターンテーブル〉

文章表現力…語彙力が無いってのもありますが、とにかく可愛いとしか言いようがないですね(*´ω`*)

これにショルダーアーマーを装備するとこうなります。

〈ターンテーブル〉

フル装備になるとここにマントが付くのでまた変わってくると思いますが、この状態だけで言うとこれはイマイチって感じの装備ですね。

この状態だと上半身と下半身のバランスが極端に悪いです。バブルの時の僕の肩幅みたいになっとるやないですか(^^;

カワイイのは変わりませんけどね♡

一応この状態でアクションポーズをとらせてみました。

〈ターンテーブル〉

キラキラした目で凶悪な武器を振り回す姿…なかなかいいですな♪( ´▽`)

本当はもっと後ろまで振りかぶったポーズにしたかったんですが、この肩アーマーを装備すると肩周りの可動域がかなり狭くなってしまうんですよ(>_<)

ま、これは仕方ない事ですけどね。

ここからは武装関係を組んでいて気になったところになるんですが、まず下画像の工程が1つ。

説明書にも注意書きがあるように、パーツH1➓に付いてる小さいピンを飛ばす確率が高いと思うので、ゲートを二度切りする人は特に気を付けた方がいいと思います。

それと、これはバレットナイツシリーズ6体全てに言えるちょっとした不満になるんですが、脚のアーマーのゲート位置が悪いです。

こういう所に太いゲートを持って来られると、カットする時ゲートに対してニッパーを縦に入れないといけないので、ヘタしたらゲート跡がえぐれてしまうんですよ💧

ナイフやヤスリを使って丁寧に処理したらいいだけの事なんですが、気軽に素組みを楽しみたい人にとっては厄介だと思うので一応。

それとあと1つ、これもバレットナイツシリーズ全てに共通する事になるんですが、腕のアーマーと脚のアーマーのポロリが酷いです。

仮組み段階で接着はしたくないんですが、この2ヶ所は動かす度に外れるので毎回瞬着で接着しています。

そんな感じでいくつか不満に感じる部分もありますけど、それでもこのキットは素晴らしい部分の方が圧倒的に多いので、これくらいの不満は「仕方ない」で流してしまえるレベルですけどね(^^)

次回がエクスキューショナーの仮組み完了日記になると思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ