どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

FAガール《マガツキ》の仮組みが出来ました。
正確に言うと届いた日に仮組みが完了して、日記を書けたのが今日って事になるんですけどね。

【フレームアームズガール《マガツキ》FAガール】

とりあえず組んでいる時に気になったポイントから書いて行きます。

まず1つは髪パーツのゲートがかなりぶっといです。

アルティメットニッパーで二度ギリしても白化が酷いので、デザインナイフで軽く処理しました。

次は新規ギミックについて。

画像ではちょっとわかりにくい程度なんですが、胸部と胴体とを繋ぐジョイントがスライド機構になっていて、胸部を少し上に引き出す事が出来るようになっていました。

ワンダーウーマンとはまた違ったアプローチですが、このちょっとしたアップデートでポージングの幅が広がりますね✨

それではまずアシスタントのアーテルと一緒に。

今気付いたけど黒髪ロングと金髪ロングコンビですね(^^)

ではマガツキさんの単体画像をどうぞ(^o^)ノ

〈ターンテーブル〉

パンツ小っさ!パンツ小っちゃ!

あ、ストライクウィッチーズで言うと「ズボン」なので、FAガールもズボンって事にしておきましょう。

このズボン、前はまだ別パーツなので履いてるように見えるんですけど、後ろは塗装なんで、正にボディーペイントです。

だがそれがいいのだ!

もっとも、自然な見た目を優先するなら構造上のラインに沿ったパン….ズボンで良かったような気もしますけどね。

あかんあかん。
このままじゃパンツに対する溢れんばかりの情熱が暴走してしまいそうなので、ここらで次行きます。

3パターンある表示をアップで撮るとこんな感じです。

次は2枚目のダメージ顔を使った画像になります。

〈ターンテーブル〉

こ、これは…このあと起こるイベントの妄想が捗りますな(*´ω`*)

次の画像で使ってる顔は開封段階では困り顔かと思ってたんですが、この表情はそんなカワイイものではありませんでした。

〈ターンテーブル〉

ね?そこはかとなく冷酷な雰囲気が漂ってるでしょ(^^;

この娘は敵を無慈悲に斬り捨てる系女子です。

ん間違いないっ!

次はここまで動かしていて気付いた点を買いておきます。

まず下画像を見て下さい。

これは今回のキットの足首ですが、今までみたいに軸を差し込むタイプではなくて、ボールをハメ込むタイプになってます。

これはこれでいいんですが、僕のキットはちょっとユルかったので、瞬着で手直ししておきました。

あと、胴体と胸部がすぐにスッポ抜けするので、そちらのボールも少し太らせてあります。

それとこれはマガツキじゃなくてアーテルの事になるんですが、またいつものように手首が自壊してました(-_-;)

手首の自壊くらいならよくある事なのでまだマシなんですが、ちょっと下の画像を見て下さい。

軽く胴体を捻ったら捥げました(T_T)
これ、3ミリ軸ですよ💧

で、こっち↓が胴体側なんですが、肉抜きみたいな空洞が開いてます。

組む時は気付かなかったんですけど、これは完全に成形不良ですね。

また1ミリの真鍮線で修復&補強しておきましたよ(;´д`)

好きな事に対してあまりネガティブな事を言いたくないんですけど、これがルーデンスのヒザみたいに補強不可能な箇所だったらって考えるとゾッとしますよね。
基本的に高価で希少価値が高いプラモデルですから。

まぁ成形不良って事に関してはごくたまに起こる事ですし、当たりハズレもあるので100歩譲って仕方ないと思うようにしてますが、材質の悪さだけはホンマに何とかして欲しいです。

最後にアーテルとのツーショットで今日は終わりにしておきます。

この後ろに写ってるフニャフニャでヨレッとしただらし無いロボットがフレームアームズのマガツキです。
僕が”カッコ良くする”という行為を初めて放棄したプラモデルです(^^;

そんな事もあってか、この美少女マガツキも武装には全く興味無かったんですが、一応全部組んでしまったので、次回は武装関連の紹介をしたいと思ってます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ