どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はアルト陸戦タイプの仮組み最終日記です。

画像と動画を追加しておきました。

【30MM eEXM-17 アルト(陸戦仕様)オリーブドラブ】

このアルトはカッコいい上に価格も安いキットなんですが、それに加えていろんな形態を楽しめるキットでもあるんですよ。

今日はそのいろんな形態の内の3パターンを紹介したいと思います。

その前に一応このちっこいのも紹介しておきます。

モビルワーカー的なサポートメカですね。

それではまずは履帯を足に履かせたパターンから。

〈ターンテーブル〉

実用的観点から考えると全く理にかなってない形態だとは思いますが、プラモデルとしては面白いですよね(^^)

次は脚自体を履帯にしてしまうタンク形態です。
頭部をモビルワーカーに代えてあります。

〈ターンテーブル〉

正直これはちょっとダサいと思います(^^;

最後はフレームアームズの轟雷みたく、カカトに履帯を装備させたパターンです。

〈ターンテーブル〉

個人的には3パターンの中でこれが1番カッコいいと思います✨

これ、塗装してデカールを貼ったらもっとカッコ良くなるでしょうね。

あと、モビルワーカーを背中に装備させる事も出来ます。
説明書に書いてあったので一応やってみました。

このシリーズはカスタム用のオプションパーツも発売されてるみたいなんですが、ハンドパーツもあるんでしょうかね?

キットには武器の持ち手しか入ってないので、握り拳と平手は欲しいところです。
近いうちにオッサンランドで見て来ようかな。

以上、アルト(陸戦仕様)オリーブドラブの仮組み完了日記でした。

【30MM eEXM-17 アルト(陸戦仕様)オリーブドラブ】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

股関節の構造は好みが分かれるでしょうけど、特に目立つような欠点も無く、普通に良いキットだと思います。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ