どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は《白虎シィンシャオ》の最終記事になります。
と言っても昨日載せきれなかった画像の追記みたいなものですがf^_^;

ATKガール 03【機甲少女《四聖獣-白虎》星嘯】御模道

とりあえず続きの画像を上げて行きます。

〈ターンテーブル〉

しかしほんまにカッコいいですね✨密度が凄い!

このメカニカルクロウのビーム発射口なんですが、クリアーパーツの裏側にはそれらしきスペースがあるので、たぶんLEDを仕込む事を見越した構造になっているんだと思います。

一度電飾にも挑戦してみたいなぁ。

毎回思うんですが、本当にこのメーカーはツボというものを心得てますよね✨

ちょっと前の日記にも書きましたが、個人的にはバイザーを外した状態が好きなので、フル装備でもその状態にしてみました。

〈ターンテーブル〉

やっぱ僕はこの状態がいいですね♪( ´▽`)
もう1セットあるので、最終的には1つをパテ埋めして、バイザー有りと無しの両方使い分け出来るようにしようと考えてます。

ちなみに上のポーズでも難なく自立しますよ(^^)

ここまで紹介した画像は全く何も手を加えて無い、それこそただ仮組みしただけの状態ですからね。

それと、ATKガールはメガミデバイスやFAガールとはコンセプト(遊び方の方向性)そのものが少し違っていて、メガミやFAガールは別のキットの装備やMSGなど、いろいろな装備を使ってカスタムする事を前提としているのに対して、ATKガールは基本的に装備がそのキャラ固有のものとなっています。

もちろん全く別の装備に替えて楽しむ事も出来ますが、基本的に白虎には白虎専用の装備、玄武には玄武専用の装備というように、それぞれのキャラの特徴が固定されているイメージです。
白虎と玄武に関しては接続箇所の形状もそのキャラに合わせた造形になっています。

もっとも、武装のデキがあまりにも素晴らしいので、わざわざ弄る必要なんかありませんけどね。
少しオリジナリティを出す程度のカスタムと、手持ち武器を追加するくらいで充分です。

良く言えばカスタムする余地が無いくらい完成されたキット。
悪く言えばカスタムを楽しむようなキットでは無い。
そう言えるかも分かりませんね。

そしてこのキットも他のATKガールと同じく、腕と道具に自信がある人以外は安易に手を出さない方がいいでしょう。

総体的な感想はA.T.K. GIRL 04【機甲少女《四聖獣-玄武》漓灵】仮組み完了❗️の記事で書いた事と同じなので、そちらを参考にしていただければと思います。

組むのが楽しくてちょっと時間を忘れてしまいましたが、背負いものはたぶん2時間半〜3時間くらいだったと思います。

非武装形態で1時間30分+武装形態で1時間20分くらいだったので、全部で6時間ほどですかね。

余剰パーツは以下の通りです。

また寄夜姐さん(アラクネ)の予備として使える胸パーツがありますね(^^;

最後にちょっとメカニカルクロウを使って遊んでみたので、そちらの画像を上げて終わりにしておきます。

〈ターンテーブル〉

エガちゃん大活躍ですw

これはさすがにアームが下がって来たので、バックパックとアーム基部の5ミリ軸だけ少し瞬着でキツくしました。

以上、ATKガール《白虎シィンシャオ》の紹介でした。

ATKガール 03【機甲少女《四聖獣-白虎》星嘯】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高なキット(番外)
☆☆☆☆☆神キット
☆☆☆☆良キット
☆☆☆凡キット
☆☆クソキット
☆最低なキット(論外)

玄武と同レベルか、ヘタしたらそれ以上に完璧なキットです。
ということは、今まで僕が組んで来た武装系美少女プラモの中でNo.1ということになりますね(≧∀≦)

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、キットのクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ