どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

蜘蛛、カブトムシと来たら次は当然白虎でしょ!
なんでやねんっ!

この予測不能なフリーソウルいいわーw
次の04が玄武なので05は朱雀か青龍…

へ?また虫かーい!

ってなる事にちょっと期待してたりなんかしますw

って事で次はATKガール第3弾の《白虎》行きます。

A.T.K. GIRL 03【機甲少女《四聖獣-白虎》】

本当は先に新作の《玄武》を組みたいところなんですが、やっぱ順番通り行きたいので、とりあえず白虎も素体だけ組んでおく事にします。

また側面に簡単なプロフィールが書いてあるんですけど、星嘯(Xing Xiao)ってどう読むんですかね💧

とりあえず最初に箱のサイズですけど、またメガミデバイスの愛花ちゃんと比べてみたので参考にしてみて下さい。

ご覧の通りかなりデカいです💦

それでは早速箱パッカーンから行ってみましょー!

これはまたかなりのボリュームですよ。

内箱は相変わらず二重構造です(^^)

早速内容物を確認して行きましょう。

ランナーは20枚です。
箱の割に枚数が少ないのは、デカいランナーばかりで、細かいランナーがあまりないからですね。
パーツ数で言えばかなりエゲツないボリュームです(^^;

やたらと細かいランナーが大量に入ってないってのもポイント高いですよね。

髪パーツは3パターンあります。

この髪パーツも琉璃ちゃんと同じようなPVC製になってます。
寄夜姐さん(アラクネ)とノヴァちゃん(ヘラクレス)はプラ製だったのに、第3弾で突然の素材変更です( ゚д゚)

型にハマらないこの柔軟なフットワークが素晴らしいですね。
これが出来るか出来ないかで進化スピードは全く変わって来ますから。

そりゃ白人も恐れますわ。

次ハンドパーツです。

このキットも6パターンですね。

フェイスパーツです。

これも先のキットと同じく3パターンと印刷無しが3個の計6個です。

デカールです。

最後は説明書です。

相変わらずイラストと現物の顔は全く違いますけど、中国メーカーのキットに関してそれはさほど重要な問題にはなりません。

そう思えるくらい武装形態がめちゃくちゃカッコいいのと、フニャフニャだったりポロポロ外れたりする事がないからです。

にしても、この細かさでほとんどアンダーゲートって事を考えると、全部組むのに相当な時間がかかりそうですね💦

とりあえず今回組むのは素体だけなので、今からぼちぼち楽しみながら組んで行きたいと思います(^^)

マジでしばらく中国のキットから手が離せない状況が続きそうです。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ