どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【ブロッカーズ・フィオーレ《ヴィオラ》】

《ヴィオラ》の仮組みが完了したので画像upと感想なんかを書いて行きます。

まずは素体状態の画像からどぞヽ(^o^)

〈ターンテーブル〉

みなさんおかわりいただけただろうか…
箱絵の子とは全くの別人だという事を。

そうなんですよ。いきなり残念ポイントの話になってしまうんですが、イラストの子と似ても似つかぬ容姿なんですよね(>_<)

ちなみに顔は下の4パターンあります。

箱絵がとても良いので、このイラストを忠実に再現できる技術があったらもっと人気が出ていたかも知れませんね。

顔だけじゃなくて、胸や腰周りのラインなんかもちょっと残念な感じが否めないですよね(^^;
腰に関しては、後ろから見るととてもいい感じなんですが、前から見るとかなり不自然な感じに見えます。

次に武装モードです。

〈ターンテーブル〉

背部フレームに接続してある大型アームは、腕部に直接装備させることも出来ます。

〈ターンテーブル〉

見た目は嫌いじゃないし、関節の具合なんかもちょうどいい感じなんですが、残念なところも多いです。

まず、パーツ精度はお世辞にも良いとは言えない状態でした。
削って合わせないと組めない箇所も数カ所ありました。

下画像のパーツもクリアランス的にどうしてもハメ込めなかったので、白い方のパーツを少し削って無理やりハメ込みました。

おかげで仮組みするのに4時間以上かかりましたよ。

何より残念に思ったのは、ハードポイントが主流の3ミリじゃなくて4ミリと✖️しかない事ですね。

「ウチはウチ独自のブランドとしてやって行く!」みたいなメーカーの個性とプライドを前面に出して行くアグレッシブなスタイルは個人的にとても好感が持てるんですけど、このキットを組んだ限りではそれはまだまだ早すぎるというのが正直な感想です。

買う前にある程度調べているので、そんな事は分かった上で買ってるんですが、せめてディスプレイスタンド用の変換アタッチメントくらいは付けておいて欲しかったですね。接地性もよろしくはないので(;´д`)

〈ターンテーブル〉

もちろん良い点もいくつかありますよ。

まず上にも書いたように、各関節の固さがちょうどいい感じです。

それと股間パーツの股下部分にランナーを持ってこないところもポイントが高いと思いました。

あと、肘の可動範囲が広いのも良い点ですね。
腕も脚と同じく二重関節になっているので、ヒジがここまで曲がります。

ちなみに白虎隊長はこれで限界です。

以上の事を合わせて総体的な感想をまとめると、個人的には嫌いじゃないけど、FAガールやメガミデバイスのコトブキヤにはまだまだ敵わないなというのが正直な感想です。

なんだかんだ言ってもコトブキヤはこのジャンルにおいては王者ですからね(^^;
美少女プラモと言えばとにかく顔が命。
コトブキヤのタンポ印刷の精度は凄いですから。

ボークスのプラモも数年後はかなり良い感じになるだけのポテンシャルを持っているとは思うんですが、そこまでこのシリーズが続くかどうかってところですかね。

そう考えると、やはり初めは独自性を前面に押し出した強気な展開ではなく、無難に主流に乗った展開をしておいた方が良かったと思います。

やっぱ互換性ってめちゃめちゃ重要ですよね。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ