どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

メガミデバイス【朱羅《忍者》No.5】

昨日の続きで、今日は《朱羅忍者》の仮組み完了後の画像や感想です。

とりあえずまずは素体状態の画像から。

〈ターンテーブル〉

べっぴんさんやなぁ(*´ω`*)
朱羅忍者、めっちゃいいですね!

組んでいて1番関心したのが髪の毛の作りです。
多重構造と言いますか、とにかく関心するほど良く考えられてます。
ツインテールなんか片側3パーツですよ。
コトブキヤってこういうところのこだわりが本当に凄いですよね。

次は武装モード行きます。

見た目的に僕の個人的好みで言えば「全く非の打ち所がない」カッコ良さですね。

ただ、気になった点もいくつかあるので、ちょっとその辺の事を書いておきます。

まず、下の画像を見て下さい。

このパーツは受け側に小さなピンがあるんですが、説明書にも注意書きされているように謝ってそのピンを切らないように注意が必要です。
僕はゲートと間違えて片方切ってしまいました(^^;;

これは手首に付けるパーツで、このパーツに開いてある3ミリ穴に武器を装備させます。

なんですが、この武器はそこそこ大きいので、例えピンを切ってなくても武器の重さに耐えられずすぐにポロリします。

なので僕は両手とも軽く接着しておきました。

あと、ポージングを取らせている時に肩甲骨のパーツがすぐに外れます。
普通に立たせているだけなら問題ないんですけど、腕を動かすと肩が肩甲骨に干渉して必ず外れます。

ここも説明書には接着推奨となっているので最終的には接着してしまいますが、ピンが緩いとかそういう問題ではなく、構造的に肩がパーツを押し出す事による負荷で外れるので、接着しても外れてしまうか、肩の可動範囲が狭くなるような気がしますね。
いずれにしても必ず干渉する箇所なので、接着した後のパーツに対する負荷が心配なところです。

あと、動かしているとマフラーもすぐに外れてしまいます。

飾っておくだけじゃなく、いろんなポージングをさせて遊びたい人は、上に上げた3つのポロリ箇所の接着は必須となります。

それと僕の個体はなぜか素体時の手首パーツがかなり外れやすいです。

そんな感じでポロリがかなり多いキットなので苦労しましたが、何枚かアクションポーズをとらせて撮影したのでそちらの画像もどうぞ。

〈ターンテーブル〉

この朱羅忍者ってアクションポーズが似合うと言うか、めっちゃサマになりますね。
それだけにポロリが多いのはかなり残念なポイントです。

ただ、見た目は本当に素晴らしい!
カッコ良さでいうと個人的にはメガミの中でもトップクラスですね。

仮組みにかかった時間は2時間半くらいで、下画像が余剰パーツです。
(予備パーツや互換パーツも含む)

以上、メガミデバイス【朱羅《忍者》No.5】の仮組み日記でした。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ