どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

ヘキサギア《スケアクロウ》

とりあえず最初に言っておくと、これまためっちゃ良いキットです!

《モーターパニッシャー》の時にも言ったような気がしますが、もしかするとこの『ヘキサギア』っていうシリーズは、模型の遊び方自体を変えてしまう代物かも知れませんよ💦
まだ2つ組んだだけだというのに、直感的にそれくらいのポテンシャルがあるように感じます。

ただ、これは画像や動画では伝わらないかも分かりません。
実際にキットを組んで触って初めてその魅力が分かる…そんなシリーズですねこれは。

前置きはこれくらいにしておいて、とりあえず仮組み画像を見て下さい。

とその前に、フロントにあるカメラかセンサーだかのクリアパーツなんですが、これは一度はめ込むと外せないと思うのでまだはめ込んでません。

では《スケアクロウ》の仮組み画像をどうぞヽ(^o^)

〈ターンテーブル〉

兵器というより、どちらかというと「重機」寄りで、いかにもサポートタイプの量産機って感じがめっちゃ良くないですか?

ここからはチビ轟雷ちゃんに乗ってもらうんですが、まずはこれに乗る手順ってこんな感じかな?っていう画像からどぞヽ(^o^)

起動!

これではちょっと起き上がる途中で振り落とされそうな気がしなくもないけど、もし実際にあるとすれば、ちゃんとバランサーなんかで姿勢制御をしながら水平に起き上がると思います。まぁだいたいこんな感じで乗り降りするんでしょう(^ω^)

これを見て「ウィーンガシャン!ウィーンガシャン!」って擬音が脳内再生された人は絶対に買いましょうw

続きです。

〈ターンテーブル〉

もう最高!見るべきポイントは轟雷ちゃんのボディーアーマー(おパンツ)じゃなくて、スケアクロウのコンソール周りとか足周りですよ。

決してゾイドのようなコテコテのマシンではなく、割とシンプルなマシンだというのに、コトブキヤのキットはいちいち情報量が凄いですよね。もちろん褒め言葉です。

今回はとりあえずチビ轟雷1人で乗ってもらいましたが、これも2人乗りが出来そうです。
《モーターパニッシャー》と同じく、この《スケアクロウ》もめちゃめちゃ遊べそうですね♪( ´▽`)

最後に少し動きのある画像を何枚かupして終わります。

〈ターンテーブル〉

カラーリングを変えてウェザリングすればめちゃくちゃ雰囲気出そうです(*´∇`*)

あー早く塗装がやりてぇ。゚(゚´Д`゚)゚。

チビ轟雷と通常スケールの轟雷を隣に並べた時のスケール感はこんな感じです。

それと、下は途中経過の画像になるんですが、大まかな各ブロック毎に分けるとこんな感じになります。

まだ通常スケールのFAガールとの互換性とか、書きたい事が残っているので、この《スケアクロウ》もまたどこかで追記を挟むと思います。

おまけ

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ