どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【SEKIRO(隻狼): SHADOWS DIE TWICE】

『甲冑武者』と戦った仙峯寺の1番最初に訪れる鬼仏『金剛山 仙峯寺』付近に「真白いお花」がどうのと言うNPCがいるのですが、今日はそれについてちょっと書いておこうと思います。

まず、「真白いお花」とは「真白い風車」のことで、その「真白い風車」を見つけなければいけないんですが、それがある場所までの行き方がちょっと分かりにくいので動画にしておきました。

『修験道』から『鐘鬼のお堂』という鬼仏までの道中を録画しているので、もし見つからずに困ってる人がいれば参考にして下さい。

途中ヤモリと戯れて中毒になったりしてるけど見て見ぬ振りしといてね(^^;;

風車は「真白い風車」と「赤白い風車」の2種類あるんですけど、「真白い風車」は動画を撮る前に取ってしまったので、この動画では映ってません。
動画内で刀を構えた場所がそうなんですが、多分道中すぐに分かるハズです。

それを持って先のNPCに話しかけると、「真白い風車」か「赤白い風車」どちらを渡すかの選択肢が出るので、「真白い風車」を渡してあげます。

すると神隠ししてくれとか訳が分からない事を言い出すんで、義手忍具『神隠し』を使って神隠ししてやります。
とりあえずNPCは消えてしまうんですが、これがその後どう影響するのかは今のところ僕も分かりません(^^;;

この義手忍具『神隠し』の入手方法なんですが、『長手の百足 ジラフ』を倒すと手に入ります。
対ジラフ戦はまた明日の記事で書くと思います。

あと、この動画の後半に映ってる鐘を鳴らせば難易度が更に上がるみたいですよ。
僕は鳴らしてしまったんですが、元に戻す事も出来るのでホッとしましたよ(^^;;

ちなみに隠し扉の先の「忍びの抜け道」を奥に進むと『首なし』がいた場所に出ます。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ