どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【SEKIRO(隻狼): SHADOWS DIE TWICE】

お蝶バアさんに勝ったどー!

このバアさん、隻狼の師匠やったんですね。
そりゃ強いハズですわ💧

必死こいてやっとの思いで忍殺決めたと思ったのに、続けざまに二戦目に突入ってなった時のあの絶望感と言ったらもうね(T_T)

僕が感じた一戦目のコツは手裏剣と寄鷹斬り(回転斬り)の活用ですかね。

バアさんが上に上がった時に手裏剣で落としてから寄鷹斬りを連続で決めるとなんとかなりました。
とは言っても両方タイミングが重要なのでそう簡単には行かないんですけどね(^^;;

二戦目は当然一戦目より難易度が上がるし、寄鷹斬りもあまり有効では無くなるんですが、そんな事よも厄介なのはバアさんが出してくるまぼろしの雑魚達で、特にこれが消える時に飛んでくるホーミングがかなり凶悪です。

これの対策としては、横に逃げるのでは無く、大きく回るように逃げるという事ですね。
柱を利用するのも有りかも。
種鳴らしもまぼろしを消すのに一応有効ではあるんですけど、有効範囲が狭いし数も少ないのであまり現実的では無いですね。

それと、最後忍殺を決めた後にもう一度トドメの忍殺を決めないといけないので注意しましょう。

僕は携帯アプリは別として、ゲームは真っ白な状態でやりたい派なんで、一度自分でクリアするまで攻略とかは一切見ずにプレイします。
なので多分他にももっと楽に攻略できる方法があるとは思いますが、とりあえず僕が対お蝶バアさん戦で感じた事はそんなところですね。

ちなみに現在の進行状況なんですが、ブログ記事を書くのが追いついて無いだけで、実際は『破戒僧』を倒すところくらいまでは進んでいます(^^)
この『破戒僧』なんですが、お蝶バアさんが子犬に思えてくる程めちゃくちゃ厄介でしたよ(>_<)

実際公式によると、お蝶バアさんはチュートリアル的な立ち位置との事ですので、それだけでこのゲームの恐ろしさが分かりますよね💧

装備の多さやレベリング、オンラインでの助っ人なんかに依存出来ない分、単純に難しさだけで言えばソウルシリーズやブラッドボーンをはるかに超える硬派なゲームですよこれは。

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ