どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

【うたわれるもの〜散りゆく者への子守唄〜】がめちゃくちゃ良かったということは先日書きましたが、それには使われている音楽も含まれています。

ということで、今日はちょっとこの作品に使われている曲をいくつか紹介したいと思います。

『君だけの旅路』

遠い記憶を辿れば 夕暮れ走る 小さな君
抱えきれない不安を 募らせて 家路を急ぐ

足跡だらけの 近道を
ただ辿ればいいと 信じていた

息を切らして 森を抜ければ 丘の向こうへ
見上げた坂を 登りきったら 突然広がる世界

猛々しく空に登る 炎のようにきらめく夢
大地を踏み鳴らして行け 君だけの旅路をつくれ

弱虫な君は 眠れずに
風の音に怯え 震えていた

木の葉を揺らす 優しい風は 木々をも倒す
凡てを受け止め 味方にすれば 君の追い風に変わる

心を乱す静寂 嵐のように 激しい夢
空色な地図の上に 君だけの旅路をつくれ

猛々しく空に登る 炎のようにきらめく夢
大地を踏み鳴らして行け 君だけの旅路をつくれ

心を乱す静寂 嵐のように 激しい夢
空色な地図の上に 君だけの旅路をつくれ

君だけの旅路をつくれ

『ユメカウツツカ』

語り継がれる 愛の子守唄
そっと あなたに歌う
寄せては返す 波の音のように
永久に響き奏でる

二重に絡みあい 永遠に続く 螺旋のように
繋がるふたりの運命 いつか逢えると この世に生まれた

あなたは夢人 いつも彼方どこかに
懐かし面影 探してる
不思議な世界は 万華鏡のように
形変えては繰り返される 夢か現か

語り継ぐのは 哀し恋の詩
浮かぶ音にのせて
いつも夜空に見える星のように
永久にひかり輝く

幾重に絡みあい 永遠に続く ふたりの絆
いつかは逢えると願い そっと目を閉じ この夢祈るの

あなたは旅人 きっと遥か遠くで
無くした幻 探してる
不思議な世界に 蜃気楼のように
幽か見えるは光か影か 夢か現か

偽り宿し 生まれる真実 揺らめいた心は いつしか消えゆく

あなたは夢人 いつも彼方どこかに
懐かし面影 探してる
不思議な世界は 万華鏡のように
形変えては繰り返される 夢か現なのか

『運命-SADAME-』

静かに訪れる 色なき世界
すべての時を止め 眠りにつく

哀しみ喜びを 集めて人は
流れし時の中 安らぎ見る

産まれ生き消えてゆく 人の運命の中
誰も皆 空の星に かすかな願い託す

ひそかに輝ける 摩天の星
地平の彼方へと 流れ消える

色づき始めた 大地の上を
無情な時だけが 吹き抜けてく

風に揺る 緑の先 明日へと続いて
新しき時の中 笑顔の花を咲かす

産まれ生き消えてゆく 人の運命の中
誰も皆 空の星に かすかな願い託す

静かに訪れる まばゆき世界
全ての時を生み 咲き乱れる

『キミガタメ』

きみの瞳に映る わたしは何色ですか
赤深き望むなら 渡そう陽の光を

悲しみが溢れ 瞼閉じました
こぼれた滴は 心に沁みゆく

行き渡る波は 弱く交えます
とどけしゆりかご 眠りをさそう

夢になつかし 面影をさがす
手を伸ばし 強く 抱きしめたくなる ha-

きみの瞳に映る わたしは何色ですか
藍深きを望むなら 渡そう高き空を

歓びが溢れ 巡りあいました
こぼれおつ笑みは 別れを隠す

人はいつしか朽ち果てるけれど
唄となり語り継がれてゆくでしょう ha-

きみの瞳に映る わたしは何色ですか
緑深き望むなら 渡そうこの大地を

もろく儚げなものよ 強く美しきものよ
あるがまま ha-

きみの瞳に映る わたしは何色ですか
安らぎを覚えたなら そこにわたしはいる

きみの瞳に映る わたしは何色ですか
うら深き望むなら 渡そうこの想いを
渡そう このすべてを

どれも世界観に合った素晴らしい名曲だと思います。
歌詞を意識して聴くと、曲だけでウルっと来てしまう(^^;;

ゲームやアニメの曲って本当に素晴らしい名曲が多いですね。

それと今続編である【うたわれるもの〜偽りの仮面〜】を進めてますがめっちゃおもしろいです(^^)
またやめ時が無くて困る(>_<)

ではまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&ガンプラの事はアトリエ ピンクバレットにお任せを(`_´)ゞ