どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は重兵装型女子高生「肆」の続きです。

figma【重兵装型女子高生《肆》フィグマ】

ちょっと前に開封した「肆」の続きをやって行きたいと思います。

ちなみにこれ(肆)、「シ」って読むみたいです。
俺は「リツ」かと思ってました。名前が「シ」って💧

それではまずフェイスパーツのパターンから。

通常顔、笑顔、叫び顔(戦闘)の3パターンになります。
付属するフェイスパーツが3つの場合、この3パターンが1番使い勝手が良いですよね。

この娘に付属する武装は背面(腰)に装備する刀と鞘だけなんですが、それを装備させた姿がコチラ↓になります。

この装備、シンプルっちゃシンプルなんですが、なかなか多彩な動きをするんですよ。

とりあえず抜刀シーンっぽい感じで撮影してみました。

〈ターンテーブル〉

ね?なかなか複雑な動きをするでしょ(^^)

この装備も宣材写真ではそれほど魅力を感じなかったんですけど、実際に動かしてみるとめっちゃカッコいいですね✨

ただ、架空上の装備とはいえ、実用性の事を考えると機動力を犠牲にしてまで同じ刀を4本も持ってどうするん?ってハナシになりますけどね(^^;)

エルザみたいに魔力で飛ばせるのかな。

ま、それは置いといて、次の画像は抜刀後です。

〈ターンテーブル〉

後ろの鞘だけじゃなく、この刀のデザインがまたカッチョいいんですよ✨

前回左肩がユルユルだと書いたと思うんですけど、保護用のビニールをジョイントに挟んで調整しました。

あと、残念な事にそれ以外にも1つ大きな不満がありました。

ちょっと下の画像を見て下さい。

またですよ💧またほとんど同じ持ち手が2パターンあるんですよ💧
上にも書いた通り、この娘の付属武器は刀だけです。

前にも2体ほどこれに対して文句を書いた事があるんですが、マックスファクトリーってちょいちょいコレをやりやがりますよね。
いったい何のつもりなんすかね、コレ(-_-;)

グリップの太さが違う武器を持たせる時に役立つ事もあるとは思うけど、セット内容にない物を持たせる事を想定して同じハンドパーツを付けるくらいなら、指差しかピースかサムズアップ辺りを付けてくれと言いたいですよ。

まぁ今回のは最低限のパーターンが一通り揃ってるのでまだいいけど、前は開き手や握り拳がないのに同じ持ち手が2対入ってましたからね。

あと、開き手と通常の手は平が赤いのに、それ以外が白ってのはイラストを見る限り完全にただの手抜きです。
マジか・・・マックスファクトリー💧

肩関節がユルい事とこれ以外特に不満に思うような点が無いだけに勿体ないですね。

あ、それと片ヒザは完全にムリでした。
これは最初から出来るとは思ってなかったので、特にマイナスという事ではありません。

次回はもう少し動かして最終回にしたいと思ってます。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ