どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は例の翼の補足みたいな内容です。

R.C.W《 ROAST CHICKEN WINGS 》

VFガールはもう機体の方も全部組めているんですが、まだ撮影ができてません。
って事で、今日は2日前に紹介したR.C.Wの追記を書いておこうと思います。

で、何を追記するのかって言うと、このキットをルミティア以外に使うとどんな感じになるのかってのを補足しておきたいと思います。

その狂氣の実験の被験者となるのがこの2人でございます。

それではまずメガミデバイスからエクソシストさんに生贄になってもらいましょう。

熾天使エクソシスト降臨!

〈ターンテーブル〉

っぽい!かなりそれっぽいゾ(((o(*゚▽゚*)o)))

ハッキリ言ってめちゃくちゃカッコいいですね✨

これがこういうキットとして¥10000ほどで発売されていたら、間違いなく激しい争奪戦となっていた事でしょう。

次はフィグマ代表四谷ゆみさんです。

聖母ゆみさん降臨!

〈ターンテーブル〉

神々しい!神々しいにも程があるぞ✨

そしてめっぽうエロいやんけ♡

アカン…マジでこっちもめちゃくちゃエエがな(゚o゚;;

「私、包容力凄いんですよ」感が凄まじいな!

全てを包み込んでくれそう。
そして今まで働いて来た悪事(イタズラ)を全部浄化してくれそう。

あれ?どこからか「聖母たちのララバイ」が聴こえて来たぞ。

あれれ?目からなんか出て来たぞ。

メガミやフィグマへの接続方法なんですが、ルミティアの物とは少し違うパーツを使います。

上の画像の右側がルミティア専用の接続パーツで、左側がメガミやフィグマに使う接続パーツになります。

違いは、ルミティアの物が六角穴なのに対して、メガミやフィグマに使う物は3ミリ軸となっています。

つまり、背中に3ミリ穴が開いてるプラモやフィギュアなら、ほとんどのキャラに使えるという事になりますね。

ちなみにこの接続パーツは各2つずつ付いてます。

最後に、前回「4翼「智天使」にするにはルミティアが2体、6翼「熾天使」にするにはルミティアが3体必要」みたいな事を安易に書いてしまったけど、良く良く考えると、そもそもルミティアを何体も手に入れる事自体が至難の技ですよね。

自分も2体目は再販分ですから💧

カスタムキット販売をやってくれないのは仕方ないとして、正規品が数体欲しい人の為にも、せめて手に入れやすいだけの弾数を用意するくらいの事はお願いしたいところですね。

以上、R.C.Wの追記でした。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ