どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はマジカルバーゼの続きです。

【メガミデバイス《 マジカルバーゼラルド 》フレームアームズガール】

早速ですが素体の素立ち画像を上げて行きます。

〈ターンテーブル〉

素体はアニメver.(低身長マシニーカ)ですね。

普通にカワイイです♡

そのアニメver.と並べたらこんな感じ。

マジカルバーゼラルドって、胸の装甲はバーゼじゃなくてゼルフィカールなんですね。

ここまで組んで氣になったところなんですが、髪パーツの一部のゲートがやたらと太いです。
ニッパーが傷むんちゃうかってくらい太いです。
二度切りしてゲート跡がエグれるくらい太いです。

これ、片刃ニッパーで二度切りしてるんですよ💧

あと、髪の毛なんですが、内部構造がスカスカでしっかりと固定されてない為、指で圧をかけると前髪が前後にズレたり、バイーンっとバラバラになったりします。

あと、胸部や首の装甲も構造的に不安定で、頭や腕を動かすとすぐに浮いたりズレたりします。

アニメバーゼはここまで酷くなかったハズなのに…何なんすかねコレ?

素体を組んだだけでこれほどネガティブなポイントが出てくるというのは正直驚きました。

今回に限らない事ですが、買った者からすれば、ハッキリ言って毎回ベタ褒めしたいと思うし、「商品」と言うより「作品」と呼べるレベルのものを作って欲しいと思うんですけど、なかなかそうはいかないものなんですね(T_T)

とは言え、もちろんポジティブな感想が無い訳じゃありませんよ。
逆に言うと、ネガティブな感想以外のところは良いという事ですから。

例えば下画像。

これはヒザの関節ですが、いつものモナカ構造では無くて、一体成形となってます。

全体的に言うとかなり可愛いし、重心のバランスや接地性、あと下半身の可動範囲なんかも素晴らしいと思います。

そんな感じで、当然良いところも沢山あるんですが、「作った側(信者含む)」と「買った側」では氣になるポイントや伝えたいポイントが逆になるのは心理学的にも当たり前の事で、このブログでもついつい不具合など悪い点をピックアップしがちになります。

上にも書いたように、本当は良いところだけ書ければファンとしてはそれが理想だし、基本的に自分はポジティブ思考なんで、ネガティブな思考は出来るだけ避けたいと思うけど、今の世の中がそうさせてくれないんですよね。

嘘は付きたくないんで。

基本的には《バーゼラルド Animation Ver.》とほぼ同じ素体なので、よければそちらも参考にしてみて下さい。

素体を組むのにかかった時間は約1時間程度でした。

次回ももう少し素体の紹介をやりたいと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

【メガミデバイス《 マジカルバーゼラルド 》フレームアームズガール】仮組み ① 開封

PSアイラブユー

デジタルカメラって、いつまで経っても人が見たままのものをそのまま再現する事すら出来ないんですね。

人の脳が認識する色合いすら再現出来ない。
会話どころかまともな翻訳すら出来ない。

いくら計算が早くても人が持つこの程度の機能すら再現出来ないのに、機械が人類を超えるなんて事はまず有り得ませんね。

なんでもかんでもAIAI言うてるけど、AIというのは「人工知能」の事。

今AIとか言ってるのはただの「ディープラーニング技術」の事です。

俺がずっと前から言ってるように、意識や感情を持つコンピューターなんぞ今後数百年、いや数千年は絶対に出来る事ありませんから。

これも前から言ってますが、俺は安易に「絶対」という言葉を使うのをめちゃくちゃ嫌います。
そんな俺が絶対と言い切れるくらい間違いない事実なんですよ。

もし出来るとすれば、それ(AI)はクローン人間の事です。

もっとも、そんなモノ(只のコピー)を人工と言っていいのかは疑問ですがね。

せいぜいクローンを作って自分たちのレプリカを作るのが関の山ですよ。

創造主が創造したものの中で最も醜い失敗作である人類。
そんな人類如きが自分たちを超えるものを創造出来る訳ないやん。

無理無理無理無理ぃぃぃーーーw

追伸もちょっとネガティブな内容になってしまいましたね💧

サーセン(´ω`)ヽ