どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は赤ずきんちゃんの仮組み最終日記です。

メガミデバイス【Chaos & Pretty《赤ずきん》】

あと「ワイルドモード」という形態の紹介が残ってるので、今日はそちらの紹介をやって行きたいと思います。

それでは早速どうぞ!

〈ターンテーブル〉

ワイルドモードってか、ウルフモードですやんっ\( ´ ▽ ` )

実は赤ずきんちゃんが狼でした!ってアレ?赤ずきんってそんな物語でしたっけ?

とりあえずこの娘は赤ずきんと狼、一人二役やるって事ですね(笑)

イイと思います♪( ´▽`)

もう少しアグレッシブな感じで1ショット。

〈ターンテーブル〉

うん。ここまで来てハッキリと分かった事があります。

この娘は完全に好みが分かれるタイプの娘ですわ。

俺?

めっちゃ好きですよ♪( ´▽`)

なんですが、ここまで触っててちょっと氣になったところもありました。

まず、赤ずきんモードとワイルドモードにする時、専用の頭部(後頭部)を使う事になるんですが、この時フェイスパーツのベースとなるパーツは使い回しになります。

いつもの事っちゃそうなんですが、このパーツたった1つでかなり手間が省けるという事を考えると、やっぱもう1つ付けておいて欲しいと思いますね。

それともう1つ、ディスプレイスタンドを使う時、説明書によれば3本ある尻尾のうち、真ん中の尻尾(センターテイル)を外さないといけないって事になってるんですよ💧

ワイルドモードにスタンドはほぼ必須です。
って事はですよ、事実上センターテイルは装備として存在しないのと同じ事です。

さすがにそれはアカンでしょ💦
今まで武装系美少女プラモはかなりの数組んで来たけど、そんな「投げやり仕様」は初めてなんでちょっとビックリしましたよ(^^;;

まぁこれに関しては別売りのスタンドを使って工夫さえすればどうとでもなる事なんですけど、一応公式スタンドが付属するからには、公式装備はそのままでスタンドを使えるようデザインするのが当たり前ですよね💧

ちなみに自分は別売りのスタンドに、更に別売りのスタンドの支柱を連結させて、それを背中に挿して撮影しました。

特に氣になったところはその2点くらいですね。

〜モードって事でもないんですが、下画像みたいにウルフヘッドを手首に装備する事も出来ます。

武装関係を組むのにかかった時間は約1時間10分ほどだったので、素体の50分と合わせて、全部で2時間くらいですね。

下画像が余剰パーツです。

少し予備パーツも混ざってますが、余剰が多いですね。

最後にパイセンたちと一緒に。

今回はスタンドに関する仕様でちょっとビックリしたけど、やっぱカオス&プリティは良いキットですよ✨

メガミデバイス【Chaos & Pretty《赤ずきん》】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥7920
購入価格¥7920

個人的にカオス&プリティの良さってのは「扱いやすさ」がデカいと思うんですよ。

接地性の良さ、重心バランスの良さ、可動性能、関節の強度なんかがそれに当たるんですが、今回の赤ずきんもその辺がとても良い感じに仕上がってました。

スタンドの件など、いろいろとツッコミどころも多いキットですが、なんだかんだでかなり氣に入ってます♪

純粋にキットの満足度で言うと☆5なんですが、やっぱこの内容で¥7920は多少満足度にも影響してしまいますね。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、俺の感性と近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ