どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は《ルミティア》の最終日記になります。

アルカナディア《ルミティア》

前回軽くウィライズモードの紹介をやりましたが、今回は武器を持たせてポーズを付けた姿を紹介して行きたいと思います。

それでは早速どうぞ(^o^)ノ

〈ターンテーブル〉

なんだ。最高に可愛くて美しいただの天使か。

いや、マジでめちゃくちゃイイですね♪

翼のバランスや衣装も含めた全体的なラインが本当に美しい✨
このキャラクターデザインした人、天才でしょ。

次は剣を構えた姿です。

〈ターンテーブル〉

これはもう素晴らしいとしか言いようがありませんね。

座らせる時に後ろのパーツを外さないといけないってところがちょっと残念ではあるけど、一旦ポーズを決めて眺める分には文句ナシで美しいです。

片ヒザも美しい。

剣のデザインもこの娘にとても合ってますね。

翼の広げ方によっては自立が難しいものの、ウィライズモードの接地性はバツグンです。

あと、ランナーをカットしてピンにすれば、剣を背中に装備する事も可能です。

右手首付近のパーツに開いてるハードポイントを利用すれば、こういう↓使い方も出来ますよ。

あと、手を組んだ状態のハンドパーツを使うとこんな感じ↓になります。

全部組むのにかかった時間は2時間ほどで、余剰パーツは全くありませんでした。

今はまだ見習い天使という事で翼が2枚ですが、何年か後に成長して翼が4枚になったルミティアの姿も見てみたいですね。

アルカナディア《ルミティア》(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥6930
購入価格¥6790

とにかく美しいですね。

キャラデザあっての事とは言え、可動式のプラモ、しかも無塗装でこれほど有機的な美しさを表現できるのは見事だと思います。

先日の2回目の再販でもう1つ予約したんですが、自分が全く同じキットを複数買うのはかなり稀な事です。

このキットにはそれだけの価値がありますね。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、俺の感性と近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ