どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

スサノヲの素体が組めました。

メガミデバイス《皇巫 スサノヲ》

とりあえず今日は組んだばかりの素立ち姿をupしておきます。

まずは九尾とのファーストコンタクト。

ではグルッと1周。

〈ターンテーブル〉

おっ!エッロ♡

こりゃ武装系美少女プラモと言うより、もはやエロ武装美少女プラモって感じですな(^^;

そして九尾と比べるとかなりプロポーションが良くなっているのが分かります。

自分が感じた印象としては、FAガールがマシニーカ素体になった感じですね。

って言うか、こうして見ると九尾ってなかなか異様な体型してますよね💦
脚が細い割に乳がやたらとバカデカいので、全体的なバランスがめちゃくちゃ不自然に見えます。

まぁ九尾の事は置いといて、とにかくこのスサノヲ、見た目的なバランスはかなり良くなってますね✨

ただ、全体的な見た目はかなり良い感じなんですが、相変わらず精度はあまりよろしくありません。

関節や接続部は基本的にユルいです。

例えば下画像の胸パーツ。

ほとんどテンションがかかってない状態なので、自然に外れてしまいます。

T字型の股関節もユルユルです。

数ヶ月後には間違いなく自立困難なくらいフニャフニャになるでしょうね💧

今回のアシスタント九尾もそんな感じです。
まだかろうじて自立はしますが、胴体接続部と股関節がユルユルです。

まぁ精度が悪いと言っても、成形不良的なものではなくて、上に書いたようにピンや凹凸がユルいという意味なので、組み難いという事ではありません。

素体は1時間でサクッと組めました。

ただ、この感じだと武装の保持力やポロリが心配ですね。

あと、髪パーツなんですが、これ↓って造形ミスか成形ミスですよね?

髪の流れが明らかに不自然で、まるでヘアーバンドでも付けてるかのように見えます。

マジで何コレ?

あ、それとこの髪の毛の取扱いには充分注意しましょう。ヘタに押さえると結構痛いです(笑)

なんか似合いそうだったので、CB1000Rと一緒に。

このまま武装を組んで行くか、リリーの続きを書くか八九寺中なんで、明日の日記は今のところまだ未定です。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ