どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

綾香たんの続きです。

【アリスギアアイギス《 一条 綾香 》メガミデバイス】

今日は素体状態に軽く武器を持たせつつ、可動域を見て行こうと思います。

とりあえず最初に各表情のアップを貼っておきます。

髪の造形は見事ですね。

今日使う武器は下画像のものになります。

まずは剣と盾を普通に持たせた状態です。

〈ターンテーブル〉

剣はオシャレなデザインだと思うけど、塗装は必須ですね。

しかしこの剣、まるでニンジンとキュウリが入ってないポテサラですな。

次はちょっと動きを付けてみました。

〈ターンテーブル〉

盾を構えたポーズって、どうしても影で顔が暗くなってしまうんですよね。

この娘の画像はこの1年で結構見てきたけど、塗装やシールを貼った後のものも含め、どれを見ても盾のデザインがカッコいいと思えなかったんですよ。

それは実際に組んで触った後も感想は変わりませんね。

腕の可動に関しては、ここまでヒジが曲がれば充分優秀だと思います。

最後は片ヒザで2挺拳銃です。

〈ターンテーブル〉

股関節に引き出し機構がないって事は昨日書きましたが、その為、フトモモを90度(水平)まで上げると、横から見た時背中のラインが不自然になってしまいます。

マジでなんでわざわざ劣化、と言うか退化させたのか意味が分かりませんね💧

銃のデザインはとてもオシャレでカッコいいと思います。

ただ、剣と同じくこの銃も塗装は必須ですね。

次回は背部ギアの紹介をやって行く予定です。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ