どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はドゥルガーのフル装備を紹介して行きます。

【フレームアームズ・ガール《ドゥルガーI》FAガール】

とは言っても昨日の状態に背部ユニットを装備させるだけなんですけどね。

その状態に③の記事で言ってた「ヘイルラング」という武器を持たせた姿がフル装備になります。

それではドゥルガーIのフル装備をどぞ。

〈ターンテーブル〉

やっぱなんかパッとしませんね。

って言うか、とにかくめちゃくちゃ扱いにくいです(-_-;)

基本関節が弱い上に、装備が外れやすいので、ポージングがやりにくいのなんのって💧

後ろ髪と背部ユニットの相性もめちゃくちゃ悪いですね。
干渉しないように形を整えるのが大変です。

普通に立ちポーズで撮影するのにめっちゃ時間がかかりましたよ(;´д`)

寄りで何枚か。

正直もうこの状態で触るのは嫌だったんですが、もう1パターンだけ別ポーズで撮影したので、そちらの画像も貼っておきます。

〈ターンテーブル〉

これを撮影するのもめっちゃ苦労しました💦

我ながらよくこんな動きのあるポーズを付けられたなと感心しますよ。

これだけで元に戻すのも勿体ないので、ついでにこんな写真も撮っておきました。

ドゥルガーvsプレデター

ちなみにこの「ヘイルラング」というランスてすが、これを持たせる為のサポートパーツも付属しています。

サポート無しでも充分保持できる重さですが、ちゃんとサポートパーツが入っているのは好感が持てるポイントですね。

このキットに対する個人的な感想を大雑把に言ってしまえば、「めちゃくちゃ可愛いけど、武装のセンスと質が非常に悪いとても扱いにくいキット」って事になるんですが、中でも特に質が悪いと感じたところを書いておきます。

それは首の関節で、頭を左右に動かした時や外したりする時にかなり高い確率で下画像みたいな感じになってしまいます(T_T)

どういう事か一応説明しておくと、胴体と首を繋ぐ基部となるパーツと、首パーツの接続箇所がすぐに抜けてしまうんですよ💧

しかもこうなってしまうと胴体(胸部)をバラして繋ぎ直さないといけません。
バラさなくても繋げない事はないんですけど、接続箇所が横差しな上にプラの材質が非常に脆いので、強引に戻そうとすればパーツが破損する可能性が相当高いです。

で、あまりにも抜けやすいので何とかならんものかと考えた末、下画像のように改造してみました。

敢えて首パーツを内部で干渉させる事で、遊び部分を無くしてしまえば抜けなくなるという理屈です。
ちなみに反対側を加工してしまうと、今度はパーツが抜けなくなってしまうので却下です。

ところが、こうすると今度は増設した部分が邪魔をして、腕(肩)を奥まで差し込む事が出来なくなるという事が発覚したんですよ(;´д`)

そういう事なので、この不具合に関しては今のところ「なるべく首を動かさない」という事以外打つ手ナシです(>_<)

まぁ、個体差はあると思いますが、これは最悪の欠陥ですね。

ただでさえ扱いにくいのに、しょっちゅうこれが起こるとなれば動かすのが嫌にもなりますよ(T_T)

武装を組むのにかかった時間は約1時間50分で、素体が1時間20分ほどでしたので、全部で3時間ちょっとですね。

下は余剰パーツです。

一応これでドゥルガーの記事は最終回という事にしておきますが、まだ特典の紹介をやってないのと、マガツキの時みたいに自分好みの装備を組みたいと思っているので、また時間がある時にでも追記する予定です。

【フレームアームズ・ガール《ドゥルガーI》FAガール】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥6820
購入価格¥6820

とにかくカワイイです。
可愛さだけで言うと美少女プラモの中でも上位クラスだと思います。

ただ、それだけですね。

それがなければ☆2です。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ