どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はナイトオブダークスカイの最終回になります。

【NONZERO STUDIO《ナイト・オブ・ダーク・スカイ》夜空の騎士】

④までで大体の事は紹介できたと思うんですが、まだそれほど動かしてはなかったので、今日は可動について書いておこうと思います。

まずは軽めのポージングから。

〈ターンテーブル〉

上半身の可動に関して不満に思うようなところは無いですね。

見た目的に可動の妨げになりそうな肩アーマーも結構自在に動くので問題ナシです。

次は片ヒザが出来るか試してみました。

〈ターンテーブル〉

フトモモの赤い装甲が脚の付け根に干渉するので、これくらいが限界ですね。

干渉する赤い装甲を外せばもっと脚を開く事ができるんですが、このままこれ以上開くと股関節フレームが外れてしまいます。

フレームのポテンシャルを考えると、脚の付け根の構造さえもう少し煮詰めたら、もっと自由に動かせるだけにちょっと勿体ない感じがしますね。

とは言え、ガンプラもそうですが、そもそもこういうロボに過度の可動を求める事自体がナンセンスですし、ここまで動けば充分だと思います。

軽くポーズを付けて飾っておく分には充分カッコいいですからね。

ただ、全体的に精度が悪いのでスムーズに動かせないのは氣になります。

プラモを組みまくってる僕が全部組むのに約7時間もかかりましたから(;´Д`)

その内2時間くらいは切ったり削ったり無駄な事をやってたような氣がします。

とにかくパーツ精度が酷くて組みにくいキットでした。

その辺は先日も書いたように、次回作に期待といった感じですね。

大きさがイメージしやすいように一応比較画像を撮影しておきました。

1枚目はフィグマとFAガール、2枚目はMGです。

ちなみに仮組み完成後のみに限定して言うと、MGサザビーよりクオリティーは圧倒的に高いですね。

下は余剰パーツです。

このキットはLEDで目が光るようになっているんですが、電池がないので試してません。

CR927というボタン電池が必要なんですが、近所の電気屋に売ってないんですよ💧
電池が手に入ったらまた追記しようとは思ってるんですが、ちょっといつになるか未定ですね。

以上、《ナイト・オブ・ダーク・スカイ》の紹介日記でした。

【NONZERO STUDIO《ナイト・オブ・ダーク・スカイ》夜空の騎士】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

定価¥7920
購入価格¥7520

見た目は素晴らしいんですが、精度の悪さがちょっと目立ち過ぎますね。
中には「不良品」と言ってもいいほど酷い部分もあります。

組んでしまえば特に不満に思うところも無いし、カッコいいので満足できるけど、工程が不満だらけ。

そんな感じのキットでした。

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ