どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

次はリトルアーモリーのシュートハウスというアイテムを紹介して行きたいと思います。

【リトルアーモリー《閉所戦闘訓練用ユニット シュートハウスA》LD023】

まずは内容物を見て行きます。

木製のパネルと接続パーツ、それと金属製の蝶番と小さいネジですね。

ターゲットやイヤマフのランナーが2枚です。

ペーパーターゲット。

シール。

説明書はこんな感じです。

説明書を見てもらえれば分かると思うんですが、この商品には決まった完成形というものは無く、好きなようにカットしたり組み合わせたりする事で自分のイメージするシチュエーションが楽しめるようになっています。

とは言っても1セットだけだと出来る事は知れてますけどね。
複数買う事でバリエーションは増えて行きますが、定価¥6160もするバカ高いものをいくつも買えるほど余裕がある人ってそう多くはないですよね💧

とりあえず最初からカットされていた木製のパネルにドアを取り付けてみました。

ここで氣付いた事なんですが、付属する蝶番とネジが2組分しか入ってないんですよ。

説明書にあるように、元からカットされてる小さいパネルを窓枠に取り付ける事で天井に扉(フタ)を設置する事も出来るんですが、それには蝶番とネジが1組必要となります。
つまり、通常のドアを取り付けると天井に扉を作る事が出来ないという事になります。

蝶番とネジは最低3組付けとけよ💧

こんなサイズの蝶番やネジはホームセンターに売ってませんからね。

まぁ最悪蝶番は2つで良しとしましょう。
ネジは予備を付けとけー(;´д`)

こんな小さいネジ、もし飛ばしてしまったらほぼ見つかりませんよ💧

こういうところの気遣いって言うか配慮が全くなってませんね( *`ω´)
2ミリのネジを1〜2本多めに入れておくだけの事ですよ。なんでこの程度の配慮が出来ないのか不思議で仕方ないですね。

たった2ミリの小さいビスを1〜2本多く入れる事でどれだけコストがかかるのかは知りませんが、定価が¥6160もするバカ高い商品を買ってくれる人がビスを無くして困る事を想定すれば、予備を入れておこうと考えるのが普通だと思うんですけど、そう考える僕はただのお人好しなんですかね?ねぇトミーテックさん?

紛失しやすい小さなネジに1本の予備もないって事に対してつい怒りが込み上げてしまいましたが、一旦エロ画像でも見て心を落ち着かせて・・・余計にザワついてまうわっ!ザワめくわっ!

とりあえず一旦タバコでも吸って平常心に戻しますε-(´∀`; )

さて…落ち着いたところで続き行きましょう。

階段は木製パーツ同士を組み合わせるだけでこうなります。

あとは木製の接続パーツを使って4面あるパネルを組み合わせると一応完成ですね。

ひとまず単純な箱型に組んでみました。

各面を見るとこんな感じです。

簡単な使用例です。

今日はちょっと時間が無かったのでウチの変態三銃士に軽くアシスタントをやってもらいましたが、次回はちゃんと美少女にやってもらうのでご安心?を(´∀`)b

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ