どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

六角の武器も組みました。って事で早速続きを書いて行こうと思います。

【フレームアームズ・ガール《六角 潮季》FAガール】

武器の前に、まずは腰に装備するバックユニットの紹介から行きます。

と言っても画像の通りめっちゃシンプルな装備なんですけどね。

これを腰に装備するとこんな感じになります。

良い❗️これは良いチョイスだよい✨

この娘はゴチャゴチャとしたややこしい装備より、これくらいの単純な装備の方が似合うと思います。

なんですが、ここでまたしてもちょっと問題発覚です。
正しくはその問題を何とかしないと上画像の立ちポーズが出来なかったので、これはすでに対処した後に撮影してます。

その問題なんですが、足首の可動に関して不満があるんですよ。
これ↓足首から下のブロックなんですが…

脚に接続するとこう↓なります。

画像では分かりにくいと思いますが、モロにスネと干渉するので、全然前に曲がらないんですよ💧

これでは接地性が悪く、ユニットを装備した時にバランスが取りにくいし、腰を突き出したポーズ、いわゆるS字立ちがキマりません。

って事でジャマな部分をブッタ斬ってやりましたよ。

少々雑に切ってもアンクルアーマーで隠れるので適当です。

これでも2ミリくらい動くようになっただけなんですが、たったそれだけでもかなり接地性は良くなりました。

昨日書いた首の可動もそうですが、これってプロトタイプを触った時点で確実に分かる事なんですけどね。

アゾンの担当者がどうしてもこの絵師のこのデザインを再現してくれって頼んだのなら仕方ないとは思いますが、もしそうじゃないとしたら昨日書いた事も含めてこういうのってアゾンに対してめちゃくちゃ失礼ですよね。

このメーカーって購入者のみならず、コラボメーカーをも平気でコケに出来るんですね。
いや大したモンですよマジで。

次はそのアゾンの武器を紹介して行きます。

この武器は下画像のように4つのブロックに分かれていて、これの組み合わせによって数パターンのモードを楽しめるようになってます。

まずはショートソードモードという形から。

キョトンとし過ぎてもはや目が完全に死んでますな(^^;

説明書通り正確に言うと、これはショートソードモードにTタイプとRタイプという武器に使う共通パーツを付けた状態です。

なんかこの武器、ネーミングがめちゃくちゃでややこしいんですよ💧
とりあえず急いで(3分くらいで)考えました。みたいな(^^;

って言うかこれってどう見てもライフルじゃね?

もう深く考えるのはやめときます(^^;

構えさせるとこんな感じです。

〈ターンテーブル〉

いやいやめっちゃカッコええがな✨

変に顔が小さ過ぎたり、脚が長過ぎたりしないので、見た目的なバランスが凄くイイんですよ。

良くも悪くもなんかいろいろと忙しいキットですな💦

ある意味すごく楽しいキットです♪( ´▽`)

ちなみにユニットと武器は10分くらいでサクッと組めます。

他のモードを何回かに分けて紹介しようと考えてるので、六角の日記はあと数日続くと思います。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ