どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日はカグラの続きです。

アゾン【ミミーガーデン博物誌《カグラ》1/12 完成品ドール】

昨日upした画像はまだタイツを履かせる前のものなので、今日はタイツも履かせた状態、つまり武装系美少女プラモで言うとフル装備状態にあたる姿を紹介したいと思います。

なんですが、僕はアゾンのピコニーモという素体は初めてなので、まずはそちらから見て行きたいと思います。
という事で、一旦服を全部脱がせてヘッドを外しました。

これが『ピコニーモ D』という1/12ドール素体になります。

アクションフィギュアや可動式プラモデルと比べると各関節はかなり柔らかい感じですね。

可動性能に関しては下画像の通りです。

思ったより優秀で驚きました。
ただ、服を着せると布の分可動域は狭くなります。

ここからは着ていたものも含めて、順番に着せて行きたいと思います。

一応ぱんつも穿いてました(笑)

タイツ

着物(ワンピース)

草履

アームウォーマー?

これに白い着物を着せるとフル装備になるんですが、この状態もなかなか良いので、ここで一旦ヘッドを乗せてみました。

おっ!やっぱこれはこれでとても可愛いですね(*⁰▿⁰*)

ここまで着せるのはなかなか大変な作業だと感じました。

で、最後に白い着物を羽織らせて腕輪と尻尾を付けるとフル装備となります。

めちゃめちゃ可愛いのであと何枚か( ´∀`)

〈ターンテーブル〉

りゅんりゅんフェイスって輪郭のラインが絶妙なんですよね(*´ω`*)

これによって表現される立体感が、このなんとも言えないキュートさを醸し出してるんだと思います。

次回は4パターンある表情を紹介して行く予定です。

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ