どーもっ!アトリエ ピンクバレット の國光です。

今日は桃ちゃんの仮組み最終日記になります。

御模道【ATKガール 07《四聖獣–朱雀》桃鸢】

紹介したい事はもうほとんど終わってるんですが、あと少し写真を撮影してあるので、今日はそちらの画像紹介と、総体的な感想を書いて締めたいと思います。

それではとりあえず残りの画像をupして行きます。

〈ターンテーブル〉

箱絵と同じポージングをさせたかったんですが、手首の可動的にムリだったので、出来るだけ寄せた感じで撮影してみました。

しかし本当にカッコいいですね♪( ´▽`)

なんかずっとカッコいいしか言ってないような氣がするんですが、実際見た目だけで言うと不満に感じるところは全くありません。

ただ、それ以外のところで御模道キットにしては悪いところが多かったように思います。

まず開封の時に書いたように、表情がツァンファ(青龍)とほとんど同じです。
ヘアースタイルで雰囲氣は全然違うんですが、ここはしっかりキャラを立てて欲しかったですね。

それとこれも書いた事なんですが、素体を組む時に少し精度が悪くなったと感じました。
と言ってもそこまで酷いという事ではなくて、あくまで御模道にしてはって事です。

あと、武器の紹介をした時に「柄の部分が少し細いのか、ハンドパーツが甘いのか、ちょっと握りが弱い」って書きましたが、あれ、ハンドパーツ(持ち手)がかなりユルいです。
両手持ちの場合はまだいいんですが、片手持ちだとちょっと撮影するのに支障を来たすレベルなので、今日使った画像を撮影する時はセルケトのハンドパーツを使いました。

次は武装の組み立て工程で氣になった点になるんですが、3本の尾羽を接続する工程が結構厄介でした。
と言うのも、この尾羽はリード線で繋ぐような構造になっていて、それ自体は特に問題ないんですけど、腰のアーマーに接続するところまでリード線になってるんですよ。
どういう事かもう少し分かりやすく説明すると、要はアーマーと尾羽を細いリード線で繋げる構造になっているという事です。

リード線を引っ掛けてからパーツで挟み込むんですが、それなりに重い尾羽と、それをぶら下げておくアーマーとの接点がリード線なので、ちょっと強めに尾羽を引っ張ると、引っ掛けてあるリード線が伸びて抜けてしまいます。
それに何より、細いリード線でぶら下がってるだけなので、接続部がかなり不安定です。

なので僕はリード線の端に瞬着を付けておきました。

ここは尾羽だけを一旦ブロックとして完結させ、それを普通にプラパーツでアーマーに接続するという形にして欲しかったところですね。

たったそれだけで解決する問題だけに「らしく無いな」って思いました。

あとはポロリに関する事になるんですが、顔のバイザーと胸、それとふくらはぎ辺りにある白いパーツなんかが外れやすいですね。

これがコトブキヤのキットならいつもの事と思えるんですが、御模道のキットとしてはちょっと意外でした。

仮組みにかかった時間は全部で5時間半くらいで、下が余剰パーツになります。

アラクネとセルケトのパーツが毎回余るので、どんどん溜まって行きますね(^^;

それでは最後に四聖獣4人一緒の画像を上げて終わりにしておきます。

4人フル装備で。

以上、ATKガール《四聖獣–朱雀》の仮組み日記でした。

御模道【ATKガール 07《四聖獣–朱雀》桃鸢】(仮組み段階)の自己中ランク=☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆最高に満足!(番外)
☆☆☆☆☆大満足
☆☆☆☆満足
☆☆☆普通
☆☆不満
☆金返せ!(論外)

御模道のキットにしては珍しく、ネガティブなところも多いキットでしたが、それでも¥5000台で2体組めるお得感や、組んだあとのカッコ良さを考えると大満足としか言えませんね。

これで四聖獣シリーズは終わりましたが、次の狼娘はどんなテイストで攻めて来るのか楽しみです✨

注)これは評価と言うような偉そうなものではなく、あくまでも個人的に満足できたかどうかを個人の独断と偏見によりランク化したものです。
また、商品のクオリティだけで判断している訳ではなく、価格も含めた総体的な満足度になります。
過去のブログを”全部”見て、僕の感性と自分の感性が近いと感じる方のみ参考にして下さい(^^)

ほなまた( ´ ▽ ` )ノ
塗装&エアブラシ&プラモデルの事は Atelier pinkbullet にお任せを(`_´)ゞ

PSアイラブユー

〜東京メトロ、反ワクチン医師の書籍広告撤去…マスクの感染予防効果を否定する記載〜

日本の言論統制もとうとうここまで来たかって感じですな。

真実を伝えようとすれば弾圧される…

例え法を無視したやり方であろうがもうお構い無しですよ。

何年も前から予想はしてましたが、切り替わるスピードが想像以上に早いです。

これからもっとやりたい放題になって行きますよ。

人権が認められていた民主主義時代は、人それぞれ様々な考え方や意見があり、それらいろんな考え方や意見を情報として取り入れ、そこから自分なりの答えを見つけるという事が出来た訳ですが、これからの全体主義、共産主義時代はそれが出来なくなります。

今までは奴隷ながらにしてある程度の人権はありましたが、これから我々奴隷は選択する事すら許されなくなります。

御上にとって都合の悪い情報は全て叩き潰され、御上が決めた情報だけがテレビで垂れ流され、御上によって定められた通りに生きるしかない時代に突入しました。

もう生き死にさえ他人に決められる時代ですよ。

正にディストピアですな。